『横浜ボートアジング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『横浜ボートアジング』

『横浜ボートアジング』

神奈川県の石渡洋一様からレポートを頂きましたので、ご紹介いたします。

今回はハイシーズンに突入したアジ釣り
良型・数釣りとどちらも楽しめるボートアジングへ

横浜のボートアジングの特徴として、陸釣りと同じ釣り方で表層~中層を狙って数釣りと、水深15m~20mのボトムで30cm前後の良型を狙う二つの釣りが好みによって楽しめます。
今回は同行者が私と同じ変態アジンガーでプロフェッショナルのKS君と言うこともあり、ボートでやるなら30匹の小アジより30cmのアジを1匹でしょ!となり良型のみ狙う釣り方で。

当日の状況は大潮後の中潮で潮流も早く、ウネリもあり全体的に強い濁りが入っており決して釣り易いとは言えない状況。
出船し本命のポイントに向かうと先行者があり別のポイントへ。
水深15mで先ずはボトムメインに1.5gに濁りが強いのでアピール力の高いスパテラ2.5チャートグローで。
軽くキャストしボトムまで送り込んでボトムから30cm~1mの間をシェイクを入れながらリフトし竿先を送り込む感じでスローフォールを繰り返すと啄むようなバイトが。
しかし2枚潮で水中でラインがS字を書くような状態になっているようで、中々フッキングが決まらない。
そこでアワセのストロークを大きくする為に、なるべく水面から竿先を上げないよう釣り方を変え、反応の多いボトム30cm付近に狙いを絞って、アクションを細かくしステイを長めに取る釣り方で、啄むようなバイト大きくアワセを入れると(竿先が11時の方向でやっと魚の重みを感じる状況)良型のズッンと重みを感じるフッキング。
丁寧にやりとりをし上がってきたのは26cm前後の良型。

その後も同じパターンで何匹か連続でキャッチし、その他のパターンで釣れないか色々試すも、ボトム付近の潮流が早く少しでも浮かせると潮流に乗ってしまい、リグが浮き反応するのは20cm程度の小アジ。

反応が無くなったので水深20m前後のポイントへ移動。移動中に同行者のKS君に状況を聞くと、やはり良型アジの反応はボトムを中心でリグが浮くと小アジが反応してしまう同じ状況、しかも彼はボトムずる引きらしく。
ポイント移動後にずる引きを試してみると、見事に赤い魚が連続ヒット!

スパテラはアピール力が高いのでアジが回って来る前にカサゴが食ってしまうので、釣り方を最初の少し浮かせる釣りに戻してやると

27cm程度の良型アジ! その後も同サイズを何匹か追加したとこで船長から後10分ですコール。
最後に丁寧にやってると本日最大の手応えが。
細糸を使用しているので丁寧にやり取りし上がってきたのは、やはり本日最大の32cmのアジ。


最後の1匹が本日最大のアジ! 気持ちの良い締めの一匹となり大満足で終了となりました。

状況的には悪くも3時間の釣行が終わってみれば船中で良型のアジが50匹前後。

これからハイシーズンを迎えるアジング! ボートアジングの強い味方になるであろう新商品のバルキースパテラが店舗に並ぶ日が待ち遠しいですね。

タックルデータ
ルアー:スパテラ2.5in各色+レベリングヘッド1.5g・1.75g
ロッド:ハートランド6101ULLX/RS-SMT16
リール:ヴァンキッシュC2000HGS
ライン:ポリエステル0.2号+フロロリーダー0.6号