『チャンクがハマる頃』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > バスモニター > 『チャンクがハマる頃』

『チャンクがハマる頃』

バスモニターのりゅうさんよりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。
こんにちは😃
10月に突入気持ちのいい季節になりました!
と、同時に嫌な時期でもある。。。

何が嫌なのか…
そう!
おにぎり型のひっつく草!
アレはたまらなく嫌ですね〜
綺麗に取るのに30分くらいかかる(-_-)ウーム

そんな時に役立つのが…軍手‼︎
軍手でそっとなぞるだけで綺麗スッキリ‼️
…どうも 岡山のりゅうさんです。

シーズンなるを追ってお伝えしてるレポートですが、今回は秋のザリガニパターンの紹介です。
バス釣りをしてる方ならみんな知ってる話ですが、バスの中には季節を勘違いして秋に卵を持つ魚がいます。
と、同様にたくさんの生き物が季節を勘違いして二次発生する時期でもあります。
例えば昆虫だとクワガタムシ!
ノコギリクワガタやミヤマクワガタなど9月あたりに季節を勘違いして再び孵化して現れる個体もいます。
そしてザリガニも!
基本的には春に産卵する個体が多いのですが、実は11月くらいまで季節を勘違いして、極上の卵を宿したザリガニが岸際をウロウロしてるのをよく見かけます。
秋は巻物!と、良くいいますが、私の中では秋こそザリガニパターンが効く時期と考えています(人゚∀゚*)

と、ゆう事で秋こそAKチャンクがハマる頃‼️
ザリガニがいそうな葦際、流れ込み周辺、隙間のあるハードボトムをテキサスリグでゆっくりズルズルするだけで、




ザリガニを強く意識した魚に対してAKチャンクはどハマり‼️
この時期ザリガニを食う魚は強くてデカイ!ですw

台風の影響でどちゃ濁りのタイミングではラバージグにスパイシーブラックのカラーでシルエットをしっかり出してやります。
メジャーリバー倉敷川で


どんなフィールドでもきっちり魚を呼んでくれますw

秋は、ベイトと水がキー🔑です。
今、魚が何を食べたいのか?それを感じてルアーを考える。
ベイトを理解してベイトの生息するエリアを探す、そうやって魚を探していくのもバス釣りの楽しいところ!(*≧艸≦)

ついつい自分がやりたい釣りをやってしまいそうになりますが、こっちに魚が合わせてくれる事はないので、なるべくこっちが魚に合わせていく釣りを選択していくのがこの難しい秋にいい魚に出会える近道だと思ってます。

是非みなさんも晩秋までチャンクは効くのでお試しください❣️
きっと良型を呼んできてくれるハズw

では、今日はここまで。
みなさん良いフィッシングライフを🎣
(* ̄ω ̄)ノ