『秋の夜長にアジングタックル!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『秋の夜長にアジングタックル!!』

『秋の夜長にアジングタックル!!』

2018年度海太郎フィールドモニターの“ハルキさん”より
レポートをいただきましたのでご紹介いたします。

この度、海太郎のフィールドモニターをさせて頂くことになりましたハルキです。
主に北部九州~山陰方面がメインフィールドです。
よろしくお願いいたします!
さて、
9月に入り、ここ北部九州の釣もついにトップシーズンに入りました!
しかし、最近週末は雨、風、台風と今年はなかなか思うような釣行に行けませんね。。
先週末も台風。
そして、今週末もまたまた台風接近の恐れがあるということですので、
今しかない!
と、仕事帰り、アジングタックル片手に
レベリングヘッド
スパテラをポーチにいれて、お手軽釣行へ行って来ました
常夜灯周りは先客がいましたので、
光量はほぼないところですが、潮のあたるところ、潮目、ボトムにストラクチャーが点在す
るところを中心にささっとランガンすることに
こちらのポイントは独特で、一般的な所よりも潮が速く流れたり緩やかになったりの変化が
激しいので、
流れが強めの時は、1,75g
弱めの時は1,0gを使用しました
1投目から早速アタリが!

うーん、小さい!
レベリングヘッド1,75g
スパテラ 2,5インチ クリアシルバーフレーク
ライン フロロ3ポンド
しかし、反応あると、退屈しないですね!
水平姿勢が効いているのでしょう
その後も、カーブフォールで

豆アジですが、

ポロポロと釣れました❗
数は釣れるのですがサイズが伸びそうになかったので、
もう少しランガン。。
砂地に岩が点在するエリアでは

嬉しい外道
塩焼きサイズの真鯛も釣れましたよ!
レベリングヘッド1,75g
スパテラ2,5インチ
アジングタックルなら、このサイズでも十分スリリングなやりとりが出来ますね!
鯛の硬い口の部分でも、プライヤーででグッと力を入れないと抜けないくらいガッツリフッ
キングしてました!
今度は来た道を戻りながら

リリースサイズではありますが、
メバル もポロポロ。
レベリングヘッド1,0g
スパテラ 2,5インチ

更に塩焼き真鯛を追加(^-^)
レベリングヘッド1,0g
スパテラ2,0インチ オレンジ(グロー)
更に

良型のアラカブ(カサゴ)

も釣れました!
レベリングヘッド1,75g
スパテラ2インチ オレンジ(グロー)
今回の釣果(持帰り)

塩焼き鯛x2

アラカブx1
今回、
ランガンしながら2時間程度の釣行で、
かなりの魚種と出会えました!
これだけ沢山の魚種を1つのタックルでこなせるのは、この釣ならではですね!
釣り方も、特に難しいことをすることもなく、スローにカーブフォールをするだけで、レベ
リングヘッドの水平姿勢のお陰で、楽に魚が口を使ってくれた気がします!
みなさんも、ポーチにレベリングヘッド、スパテラを入れて、
アジングタックルを片手に、是非秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょうか