『漁港で小アジング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『漁港で小アジング』

『漁港で小アジング』

神奈川県の石渡洋一様からレポートを頂きましたので、ご紹介いたします。

今回は地元三浦半島の漁港で簡単に楽しめる小アジング。
本日は台風の影響で気温も30度を超えましたが、季節は秋!
秋になると港湾部や近所の漁港にて仕事帰りに癒してくれるアジ。

レベリングヘッドにスパテラ2インチを使用し豆アジング。
スパテラの特徴としては水噛みの良い深いリブに、アクションを掛けた時や早い動きの時のテールの波動がありますが、今回はその2つの特徴とレベリングヘッドの特徴の説明を交えアジングの説明を。

ポイントに入ると表層でアジのライズが見られたので、先ずはレベリングヘッド0.5gにスパテラ2インチ(オキアミ)で表層直下をスローに漂わせるイメージで
1投目からバイトがあるものの下から突き上げ啄むようなバイトのため、中々フッキングが決まらず。
これはレベリングヘッドがスパテラに綺麗に水を受け流しスパテラの水噛みの良さでラインテンションがかかっている為に豆アジのバイトを弾いてしまうためで、その事をイメージに組み込みアタリが取れるギリギリのラインスラッグを作りながらやると

12㎝前後の豆アジが。
しかし皮一枚でギリギリの感じなので、
今度はアタリが多い表層より50㎝から1m程度下のアジが定位しているであろうレンジを狙ってみるためジグヘッドを0.75gに変更しカラーもオレンジに変更。
上を意識しているアジを同じレンジで狙うため、ラインをロッドティップで弾く程度の軽いアクションを入れスローリトリーブ。(イメージはアクションでアジにルアーの存在を気付かせリトリーブで追尾させ後ろから綺麗に吸い込ませる感じ)

今まででの突くようなバイトではなく明確なバイトで綺麗に上顎フッキング。

アジが定位してるであろうレンジは表層よりバイトの数は減りますがフッキング率は上がるのでアジをキャッチする率は確実に上がります。

ちなみにジグヘッドを重くした理由は跳ね上げた時とフォールの時両方でスパテラのテールを震わせてアピール力を高める為、0.5gだと跳ね上げ時はテールが動いてもフォール時にはフワッとして反射食い的な啄むバイトになってしまうのと、アクション中にバイトがあってもフッキングする反応が遅れるので、確実に追尾させ食わせる為です。

しっかり追尾させ後ろから吸い込ませると、豆アジでも上顎深くにしっかりフッキング。

その他にレベリングヘッド&スパテラは水噛みが良く水平フォールするため一般的なラウンドタイプのジグヘッドよりフォールスピードが遅いので、廻りの釣り人が1gのジグヘッドでフォール主体で釣れている場合には約2割増の1.25gのレベリングヘッドを使用する同じ感じになります。
廻りより重いジグヘッドで同じ釣りが出来ると言うことは、より広範囲を探れるメリットがあります。

またこの時期はクロダイも良くゲストできますが、フックをのされる事なく良型の黒鯛も対応可能です。
今回も良型のクロダイが。

※豆アジに飽きてボトム付近で良型のアジが居ないかな?と探ってると、リグの操作感がフッと消えた感じのアタリでアワセるとズンと重みのあるフッキング感の後にパワフルな引き。竿のベリーからバット部分に重さを乗せる感じで約10分程度かけ弱らせキャッチ。

こんな感じで無理なやり取りをしなければエステル0.25号にフロロリーダー0.6号でレベリングヘッド#10でも十分に良型のクロダイをキャッチできます。

これから気温が下がっていく毎にアジの群れも多くなり、11月に入ればメバルも釣れ出す季節!
ライトゲーマーには楽しい季節が始まります。
アジが定位している場所とルアーをどう動かした時に明確なバイトが出るかを考え、それを反復することで廻りよりキャッチ率をあげることができると思いますので、アジングでステップアップしたいと思いの方は試してみて下さい。