『香川釣行・海』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『香川釣行・海』

静岡県の諸井 凜様からレポートをいただきましたので、ご紹介いたします。

釣行日:8月上旬
天気:快晴
潮汐:長潮

香川県の島に釣りに行ってきました。
そこは底質が足元から5mが大きめのゴロタでその先は砂地になっています。
狙い目はゴロタ場の直上と砂地との境目です。
いつもはこのゴロタに藻が生えていないのですが、今年は覆われていました。
ひとまず足元の堤防とゴロタの際をスパテラの2インチを通すと29㎝の良型タケノコメバルが!

ドラグはほぼフルロックで強引なやり取りでしたが碧HNのバットパワーとティップからベリーにかけてのしなやかさに助けられ、無事取り込むことができました。
その後はいつもと状況が変わっているのもあり、ハネエビで手返し良く探っていきました。カサゴ、タケノコがぽつぽつと釣れ、時折良型が混じる釣果でした。

着底後のファーストアクションで食ってきたタケノコ。

ゴロタと砂地の境界をズル引きで釣れたカサゴ。

藻の生えていないゴロタの直上をタイトにトレースしてくると良型タケノコがひったくっていきました。
ハネエビヘッド3gの重さとハネエビのダートアクションは手返し良く探ることができ、魚からの反応が明確。
そのため、初めてのポイントや状況が変わってしまった時には効果的なルアーですね!
釣れた時の共通点として、ピンク(グロー)カラー・海藻の生えていないゴロタの2点があげられました。あとは居そうなポイントになるべくタイトにルアーを通すことが肝心なようです。

今回釣った魚はすべてキャッチ&リリース。
特に根魚は成長が遅く、餌の量にもよりますが30㎝に達するのに8年近くかかります。
私も持ち帰る際は「必要以上にキープしない」を心掛けています。

【タックルデータ】
ロッド:碧HN
リール:15イグジスト2003H
ライン:エメラルダスセンサー+Si 0.4号
リーダー:タフロンα 1.25号
ルアー:ハネエビ各色、スパテラ2インチ各色

諸井 凜