『夏の始まり』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『夏の始まり』

『夏の始まり』

愛媛県の鈴木隆寿様より釣行記をいただきました。

2018年 7月1日
愛媛県 リザーバー
ブラックバス ~50cm

愛媛の梅雨明けはまだですが、蝉も鳴きはじめてすっかり夏の暑さです。

朝は本湖の有名な陸っぱりポイントへ。アングラーも多く、前日の雨で濁りとゴミ溜まりができていました。水面だけでなくボトムにも木や枝が沈んでおり、根掛かりが多い状況でした。
変わってしまった地形を探るために選んだのはビビビマルチ 10.5gに海太郎の旨はたクロウの組み合わせ。その1投目、フルキャストからの着底ヒットで釣れたのが50cmのデカバス。
タイミングが良かったのか場所が良かったのかルアーが良かったのかわかりませんが嬉しい1本です。
次に選んだのは新商品のスーパースティックカーリー。根掛かりを恐れてテキサスリグ 7gで使用しました。ボトム付近をゆっくりトレースしたり、ロングワームを操作するときのようにテールの余韻を活かしたアクションをしたりと、1投ごとにアクションを変えてやると25cmぐらいのバスが連発しました。

続いても新商品のスパテラアッセンブル。その中でも1番長いモデルの細い方をライトテキサス 1.8gで使用しました。長スパを投げる前にスパテンのネイルリグで遊んでいましたが反応があまり良くなかったので魚がいなくなったのかと思っていましたが、相手をしてくれなかっただけのようで同じポイントに魚はまだいました。長スパはそんな魚をバイトに持ち込める印象でした。そして強烈なファイトをしてあがってきたのは49cmのよく太った魚でした。

陽が高くなってからは川へ。ここも前日の雨の影響で濁りが入り流れも急になっていました。岸際の流れが反転しているポイントに根魚玉 5g+ギルフラットをキャスト。ボトムバンピング後のポーズでアタリがあり、1本だけですが追加。
最後は再び本湖エリアに戻り小さいバスたちに遊んでもらい終了。
久しぶりにサイズにも数釣りにも満足できた釣行でした。