『夕マズメからアジング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『夕マズメからアジング』

『夕マズメからアジング』

海太郎モニターの藤野貴至様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

7月に入り、自然の力に翻弄されていますが、皆様の体調はいかがでしょうか。
日中はもちろんですが、夜間でも蒸し暑い状況ですので、こまめに水分を取って体調管理にお気を付けください。

私事ですが、7月上旬に仕事で離島へ行った時の釣行を書いてみたいと思います。
フィールド状況としましては、水色はクリアー。
海藻の繁茂でかなりシャローエリアでの釣りを強いられる状況です。

夕マズメからアジングを楽しみました。
使用したのは、レベリングヘッド、スパテラ、シルキーシャッド、マイクロハネエビ。

レベリングヘッド0.75g、スパテラ2インチ(クリアパープル)

レベリングヘッド0.75g、シルキーシャッド(フナムシ)

密かに隠し持っている・・・マイクロハネエビ。

宿の目の前で毎晩豆アジングを堪能させて頂きました。
豆アジの絶対数が多いので、非常にイージーに釣れ続けますが、潮が止まるとピタっとアタリが止まり苦戦します。
魚が居るレンジさえ見つけてキープできれば口を使わせる事ができますが・・・これが、一番難しく面白いところかもしれません。

ちょっと時間が出来た時には、片道30分(自転車)の峠道を越えて、別のポイントに入ってみました。
水深がある港でしたので、大好きなネコメタル10gで探ってみました。
苦労して峠を越えた甲斐があり回遊魚に遭遇出来ました。


ネコメタル10gは本当にちょうどいい!
この一言に尽きると思います。

おまけのメバル

このように荷物が制限される出張などでも、ライトゲームを基本に考えれば釣りは楽しめます。
なかなか仕事先で釣りをされる方も少ないと思いますが、海太郎シリーズを持って知らない海へ行ってみるのもいいかも知れませんよ。

最後に、地元徳島(鳴門エリア)は、魅惑の豆アジシーズンが始まっていました。
今年も寝不足必死の熱い夜が始まってしまいました。