『スーパーライトジギング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『スーパーライトジギング』

『スーパーライトジギング』

海太郎モニターの村田勇さんよりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

6月24日 日曜日
天候 晴れ
潮汐 若潮(平戸瀬戸)
満潮6:00 227㎝
干潮12:40 63㎝
風向 南西
波高 1m

今回もネコメタル29gを使用したジグ遊びを行なってきました。

朝4時半出港。

朝イチは激シャローのイサキゲームからスタート。

瀬のトップの水深は5m。ネコメタル10gをキャストし、リフト&フォールで誘ってみるも反応なし。

魚は確実に着くタイミングなのでネコメタル29g(グローシラス)にチェンジし巻きの釣りをやってみる事に。

水深に対してかなり重めのチョイスですが攻めたいレンジは水深の半分。

5〜7mぐらいなら一定レンジをキープしながらイサキが好む巻きスピードをカバー出来る。

瀬を越えない位置にキャストし巻いてみると一発!

カタクチを追ってスズキがボイル‼︎

すかさずキャストし表層を攻めるとバイト‼︎

スズキかと思ったらまさかのイサキでした。

もう一度狙ってみると今度はスズキがヒットしランディング中に針外れ。

どうやらカタクチの群れにスズキが突っ込み溢れたカタクチを狙っている様に感じました。

潮と風向とが重なり船はみるみる流され、ポイントを直ぐに通り過ぎてしまいますが、そこは29gと言うウエイトの便利さ。臨機応変に対処し、ブレイクに差し掛かれば斜めの釣りや縦の釣り、落ち込んでも確実にボトムを取ることが出来るので、ひと流しの中でも魚に出会えるチャンスが倍増する思っています。

ネコメタル29gはハタゲームでも大活躍!


真鯛ジギングでもライトなタックルで最高に楽しむ事が出来るのでこれからも愛用して行きたいと思います。

タックル

ロッド ダイワ スティーズ641LFS改(グリップ延長)

リール ダイワ セルテート2510PE-H

ライン 紅牙8ブレイド0.6号

リーダー 東レ プレミアム船ハリス3号

ルアー issei海太郎 ネコメタル10g、19g、29g

iPhoneから送信