『ネコメタルレポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『ネコメタルレポート』

『ネコメタルレポート』

海太郎モニターの杉田淳二様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

2018年6月28日、午後5時。
梅雨に入り、ベイトも安定して入るようになってきて、シーバスが反応良くなってきました。
ご存知のようにシーバスは凪いでいるよりも、荒れた状況での方が活性が高いことが多く、うまく風が吹いてくれて、波っ気が出るのを心待ちにしています。
ところが、今週に入って、常に強い南風が吹き続けるようになり、ホームにしているフィールドでも海面に近いところでは強い波をかぶって釣りをすることができない状況が続いています。
そこで苦肉の策ながら、唯一、問題なく立てる堤防の上からネコメタルを岸沿いにフォールさせ、シーバスを狙ってみます。
ネコメタル14gのアカキン。トップヘビーセッティングでなるべく岸に近いところに落とし込んで、ひらひらとフォールさせ、着底と同時に数回しゃくり、さらにフォールを繰り返し、反応がなければ場所を少しずつ移動していきます。
今、この辺りでベイトになっているのは、6〜15cmほどのサバ、10cmほどのアジ、さらに12cmほどのイワシです。強い波に押され、壁際で失神してしまったベイトがゆらゆらと落ちているイメージでネコメタルを落とす。
探り始めて、4箇所目のフォールでルアーが止まった。一気にアワセを入れ、ロッドに伝わる感覚に集中。
波が上下するのとは明らかに違う生命反応にニンマリ。
と同時にドラグがジッジージーーと音を立てる。まずは水面近くまで上げてきて、それから数回、ドラグを出すやり取りの後、水面まで来てからは意外にもすんなりと大人しくなってネットイン。
58cm。ベイトをしっかりと食べているのか、肉付きのいいシーバスでした。
その後は同じように探るも反応はなく、オンリーワンで納竿としました。