『フィールドレポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『フィールドレポート』

『フィールドレポート』

海太郎モニターの藤野貴至様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。
梅雨に入り、気温上昇と共に海の魚も元気になってきています。

ただ、例年であれば産卵絡みのアジがシャローエリアに入ってくるのですが・・・

今年は6月に入っても私の前には未だ現れず。

各地で黒潮の蛇行による影響が報告されていますが、徳島にも影響が出ているかも知れません。

こういった事は、自然を相手にしている以上、しかたのない事ですので、懲りずにアジを探して行きたいと思います。

 

例年アジが釣れるエリアを探りながら、梅雨時期の良型メバルも同じく探して行きます。

海水温の上昇にともなって、シャローエリアのワカメがようやく白化し釣りやすくなってきています。

ただ油断は禁物。

ドラグをアジ仕様にしていると潜られます。

もしフルロックでアジがかかれば・・・口が切れる。

この時期一番難しい調整かも知れません。

なにかいい方法が見つかれば、次回のレポートに書きたいと思います。

 

 

今月もほぼ100%フロートリグで釣りを組み立てて楽しんできました。

もちろん、安定のレベリングヘッド太軸金針0.3g0.6gスパテラ2インチ2.5インチ3インチを使用。

 

フィールドの状況次第では、小型のブルーバックの群れに遭遇したりします。

小型でも回遊魚らしく子気味良い引きを連続で堪能できますよ。

レベリングヘッド太軸金針0.3g、スパテラ2インチ(クリアパープル)

レベリングヘッド太軸金針0.6g、スパテラ2.5インチ(チャートグロー)

 

レベリングヘッド太軸金針0.6g、スパテラ2インチ(ピンクグロー)

 

ブレイクに沿って丁寧に探っていくと良型も顔を出してくれます。

レベリングヘッド太軸金針0.6g、スパテラ2インチ(クリアパープル)

 

流れのヨレの一番エサが取りやすい特等席には必ず良型が陣取っています。

 

レベリングヘッド太軸金針0.6g、スパテラ2.5インチ(グローチャート)

 

フロートリグじゃないと出来ない釣りもあります。

是非レベリングヘッド太軸金針スパテラシリーズを使って、まだまだ釣れる良型メバルに会いに行ってみてください。

 

季節がすすめば真鯛や青物、シオ(カンパチの幼魚)も身近な場所で釣れ始めます。

ネコメタル各種と新たに増えた29g、新色(金銀パール)を持ってエキサイティングな釣りを楽しみたいと思います。