「エビパターン」 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > バスモニター > 「エビパターン」

「エビパターン」

バスモニターのりゅうさんよりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

こんにちは😃

岡山も田植えの準備の最盛期!
フィールドは代掻きの水が入ってきて濁り気味。
そんな濁りから避けるように日々、いい水を求め右往左往してますw

どうも、岡山のりゅうさんです(*≧艸≦)

今回は、5月中旬〜6月上旬のメジャーリバー笹ヶ瀬川の釣行記録です。

5月中旬にもなると、エビ系の活動が活発化してきます。
アフターシーズンのバスにとってエビ系は動けない時の恰好のエサとなります。

今回はそんなエビ食いバスを狙ってみました!

5月中旬
そろそろエビパターンが始まる時期と思いそれを確かめるためにAKチャンクの5gライトテキサスを反転流+杭+岩に絡ませてボトムをスローにズルズルしていると

狙い通りの下顎に傷が入ってボトムをまさぐってる魚がヒット❣

エビパターンが始まった事を確信したので、この日からエビパターンでランガンしていきました。

数日後も同じパターンで良型と出会い


6月上旬の
雨で増水+どちゃ濁り時は、綺麗な水が流れこむヨレに絡むカバーにエビや小魚がピチピチしているのが見えたのでカバーに入れてひたすらシェイクしていると、

50upまで出現しましたw

また翌日も前日と同じフィールドコンディションで全く同じ場所から


48cmの良型❣

と、エビをイメージしたAKチャンクが大変ハマっています。

AKチャンクを5gのライトテキサスで使用していますが、AKチャンクは水をよく噛むので5gテキサスでも凄くゆっくりフォールします。
このゆっくりフォールがアフターの時期の魚には良く効きます。
またシルエットもエビ系そのもの(*≧艸≦)

まだ全回復な感じではなく、やはり縦の障害物やフローティングカバーや流れのヨレに集中して魚がついていました。

二月中旬もエビパターンでAKチャンクがハマる時がありましたが夏も秋も甲殻類は活発に活動しています。

AKチャンク‼︎一年中釣れるワームですね(・∀・)ウン!!

これからどんどん魚が回復し、流れを意識して夏パターンへと移行していきます。
夏もエビパターン= AKチャンクで良い魚と出会えるよう釣り場に積極的に出て行こうと思います。

ただ、熱中症には気をつけて水分補給と休憩はしっかり摂るように心がけて楽しい釣行にしていきます。

では、アフターシーズンの「エビパターン」でした。