『釣れるジグは動きが違う‼』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『釣れるジグは動きが違う‼』

『釣れるジグは動きが違う‼』

海太郎モニターの村田勇様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

5月27日 日曜日。
天候 晴れ。
潮汐 中潮②↑(福江)
満潮6:29 250㎝
干潮12:59 42㎝
風向 南西。
波高 1.5→1.0m

朝の薄暗い時間帯から出航し、目指すは五島列島宇久島へ。

今回は鯛ラバトレーラーに「スパテラ3㌅、2.5㌅を使用し真鯛の反応をみてみる事」と「ネコメタル29gを使用したライトジギングで釣れる魚を釣ってみる」と言う目的で釣りを楽しんで来ました。

ポイントは上記であげた長崎県上五島、宇久島周辺。
先ずは水深75〜80m砂地のフラットエリアで様子見。

タングステンヘッド75gにラバー5本、カーリーネクタイ(オレンジゴールド)、スパテラ3㌅、カラーはシラスレインボー。

この水深に対してタングステン製の75gだと少し重ため。

理由は速いフォールスピードでテンポ良く刻み、なるべく真鯛と出会う確率を上げる事。

そこから上潮と底潮の流れ具合や魚のレンジ、追いの良し悪し、今魚がどんな状態にあるか(魚の体調)など、サーチする事も目的として選んでみました。

着底し直ぐに立ち上げ、30m巻き上げては落とすの繰り返し。

底から3m付近でゴッゴッ!グン︎っとバイトで一匹目。

しっかりとワームにバイトしていました。

その後、モゾモゾと触るアタリが多くなったので、着底後すぐにロッドを大きくしゃくり、ポ〜ンポ〜ンポ〜ン!と鯛ラバを飛ばし巻きに切り替える。

切り替えた瞬間に深いアタリで追加。

フォールでボトムまでついて行った魚が急に激しく逃げる餌に対してスイッチが入る事が多く、興味津々でワームを噛んだりしてくる魚でも深いバイトに持ち込む事ができます。

また、水深が深いエリアなどでは太陽光があっても光は届かず暗闇に近い世界。

その中で大きく水を動かし、魚の側線機能に訴えかけ、ここに餌があるよ!と、いち早く気付いて貰う事も釣果をあげる上で大事になってくるのではないでしょうか。

ヘッドのウエイトを60gに変更し、巻き上げてリールのクラッチを切る。

フォールの際に指でスプールをピッ!っと押さえたり離したりする事でフォールスピードに変化を加える。

すると一瞬止まったラインが急激に走り出し、すかさずフッキング︎
、、、、が、惜しくもバラしとなりました。

このポイントではアタるレンジが低く、産卵に絡んだ大型の真鯛があまり見られなかったので次なる場所へ移動。

水深80mから40mに駆け上がるエリア。

80〜70mまでは鯛ラバで潮の流れ具合いやラインの流され具合いを確認しながらネコメタル29gにチェンジするタイミングを計る。

当然メインラインを細くすればこの水深でも充分底取りは可能なのですが、ネコメタル29gに丁度いいタックルバランスで気持ちよく操作したい。

それに5〜8キロサイズの真鯛が良くアタるエリアなので、掛けた後も丁度いい面倒くささで最高に楽しみたい事からバスロッドLパワークラス(グリップ延長)にリール2500番(ダイワ)pe0.6号、リーダー3号を選択。

水深70mをきった所でネコメタル29g(グローシラス)出番︎

ジャカジャカ動かすのでは無く、リーリングにアクセントを付けながら巻いたり、ワンピッチジャークをほぼタダ巻きに近づけた柔らかめのロッドワークで誘うと効果的で、鯛ラバよりも数多くの魚をキャッチする事がでしました。

正に釣れるジグは動きが違う︎

ネコメタル29gを使用して感じた事は、フックに繋がるラインの太さが絶妙。

フックの太さも強度もジグに対して相性抜群。
(青物となると話しは変わりますが。)

何より、フックに繋がるラインも勿論、ティンセルの数に長さがフォール時の妨げにならない最高のバランス。

ネコアシストがルアーの動きを妨げないギリギリの抵抗感とアピール力でネコメタルと1つになり、最大限の威力を発揮。

ジグは重たくなるにつれ、泳ぎが悪くなったりしますが29gになっても良く水を掴んで、タダ巻きでも尻尾をフリフリと僅かな水流で泳いでくれ、見えない世界でもしっかりとイメージがし易いルアーだと感じました。

何の魚釣りにも共通して言える事ですが、釣りはイメージが大事。

今まで経験してきた生き物の行動や性格、ルアーが水を受けた時の様々な動き、水深を考慮してのロッドワーク、ライン負荷など、目で見えない世界に水中の映像と頭の中の妄想を照らし合わせて魚に近づく。
魚からの返事が返ってきた時にはコレは嫌いか?何となく嫌がってる気がする、これが好きなんだ、人と魚が会話している様で本当に面白いと思います。

そんな「魚との会話」が出来るルアーがisseiには沢山あるので皆さんも是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

帰りにちょっとだけハタゲーム。


根魚玉にザリコーで。

タックル

ロッド ダイワ 紅牙ags 69MHB-METAL
ダイワ スティーズ 651LFS

リール ダイワ ジリオン jドリーム
ダイワ セルテート2510pe-h

ライン ダイワ 紅牙8ブレイド0.6

リーダー 東レ プレミアム船ハリス4号、3号