『琵琶湖釣行レポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > バスモニター > 『琵琶湖釣行レポート』

『琵琶湖釣行レポート』

バスモニターのHASSYさんよりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

4/17(火)琵琶湖釣行。

基本的に、釣りの大半は陸っぱりですが、たまーに浮きます。今回は、珍しく琵琶湖に10ヶ月ぶりに浮いてきました。

開始から2時間はギルフラットのウエイト調整やリグの組み直しでにて1バイトのみ。
少し焦りモード。

ギルフラットのドンキーフリーリグ(5g)で4mラインのブレイクを2、3回の巻きアクションで止める。を繰り返し、、、ラインテンションが抜けた後のデコピンバイト!
しっかりアタリをきいてから、思いっきり巻き合わせ!で、、、

1匹良型獲った後は、バイトも減ったので、長スパこと長いスパテラのネコリグ(1.8g)をブレイク沿いに、スパテラ4インチのヘビダンをフラットエリアで、

ショートバイトを確実に拾ってくれる。
長スパのネコリグもヤヴァイ。
あと1本しかない…涙
※7月発売予定。

沖での数釣りを満喫した後は、シャローへ行ってみました。
1~2.5mのレンジをハスフラットのクランキング。ロッド下げてボトムタッチしながらグリグリゴリゴリ早めに巻いてると、バイトあるものの、リアフック1本でバラす…。
その後は、高速巻きでボトムタッチ後1、2秒ステイ、高速巻き、を繰り返し、ステイ後に、、、

ハスフラットバックリでええやんかぁ~‼

この後、風が出てきた後、更なる癒しを求め(ライトリグやりたかっただけです)風裏展開へシフトし、スパテラ3インチのダウンショット(1.8g)。濁りもあったのでスカッパノンでシルエットを出してやってましたが、風裏で溜まってそうなポイントで釣れるも納得感がない。
グリパンやるも同じ感じ。
ヌマエビに変えたら…

良型も含めめっちゃ釣れる!
個人的にbibibiバグにしろ、スパテラにしろヌマエビは僕のフェイバリットカラーです。
濁りのエリアでハマれば怒涛の釣果生み出してくれます。

基本的に関西圏のリザーバー、ダム、野池、陸っぱりをメインとした僕ですが、今回はボートで何とかルアーの力を借りてアジャストできた楽しい琵琶湖釣行となりました。

また関西圏の別フィールドで、色々レポート上げて行きますので皆様お楽しみに!

皆さんもissei製品持ってフィールドへ!!
「ええやんかぁ~!」
って言ってやってくださいね~笑

以上、HASSYでした。