『フィールドレポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『フィールドレポート』

海太郎モニターの藤野貴至様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

日中と夜間の温度差が激しい季節となってきました。
体調を崩しやすい時期ですので、お気を付けください。

徳島の海の状況ですが、2月、3月とメバルを追いかけて釣りをしてきましたが、非常に厳しい状況でした。
1日1匹釣るのがやっと・・・という日もありました。
例年エリア差が出るのもですが、今年は本当に差が激しい感じがしました。

そんな中、自作のフロートと市販品フロートを使い分けて釣りを組み立て行きました。
自作のフロートは自重が約20gと25g。
市販品では届かないエリアを攻略する為に作成しました。
ただ、遠投すれば釣れるというものではないので、通常は市販の10g~15gのフロートを使用しています。

厳しい状況ながらレベリングヘッド太軸金針、スパテラでメバルを釣る事が出来ました。

レベリングヘッド太軸金針0.3g、スパテラ 2.5インチ(グローチャート)


レベリングヘッド太軸金針0.6g、スパテラ3インチ(イカナゴ)


レベリングヘッド太軸金針0.3g、スパテラ2.5インチ(アカアミ)

4月に入ってエリアによってベイトがバチの場合にスパテラ3インチ(イカナゴ)が効果的でした。
メバル狙いで良い引きをしてくれるキビレなんかにも出会ったりしました。

レベリングヘッド太軸金針0.6g、スパテラ3インチ(イカナゴ)


4月後半にようやく狙いのブルーバックに出会えました。


レベリングヘッド太軸金針0.3g、スパテラ2.5インチ(クリアシルバーフレーク)

白メバルも良型がまだ残ってました。

レベリングヘッド太軸金針0.3g、スパテラ2インチ(ピンクグロー)

徳島では梅雨入り頃まで良型のメバルが釣れると思います。
また、ブルーバックの回遊もシャローから届く範囲に入って来ています。
梅雨メバルシーズンには尺超えのメバルが各地で釣れると思いますが、是非レベリングヘッド太軸金針とスパテラのコンビを使用してみてください。
きっとメバルハイシーズンの強い味方になってくれると思いますよ!