『リザーバー釣行』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > バスモニター > 『リザーバー釣行』

『リザーバー釣行』

バスモニターのりゅうさんよりレポートをいただきましたのでご紹介いたします

こんにちは!
岡山のりゅうさんですw

今回は中国地方のメジャーリザーバー 三川ダム&八田原ダムに行ってきました。

季節は早春の三月中旬の八田原ダム
山間部にあるこのダムは早春と言えどもまだまだ朝晩は氷点下になることも…

この日は朝の水温7度!

流れのあるバックウォーターですが、通常なら夏がいいじゃないか︎と考えてしまいますが、春のバックウォーターは水温が温まりやすく、ベイトがたくさん入ってきます。そのベイトを継い付いしてバスもフィーディングで入ってきます。

なかなか厳しそうな水温でしたが朝のフィーディングタイムは強気に巻き展開でマサウオを投入!

リザーバーの釣りで、一番意識したいのはベイト!
このダムのメインベイトはハスなどの魚系!中には手長エビなどの甲殻類を狙ってる魚もいますが、やっぱりメインは魚系!

マッチ・ザ・ベイトですねw

マサウオを反転流に入れてゆっくり水中の岩スレスレを巻くと

一投目からいきなりの53cm!

その後もすぐにバイトしてきましたがバラしてしまいました。

日が上がってからは厳しい時間が続き夕方のプライムタイムへ

キャラメルシャッドに数回のテールバイト!
なかなか乗らず巻きスピードを更に落とすとようやく

夕マヅメの50up!

やはり時合いとなる時間は魚系のマサウオやキャラメルシャッドがハマります。

二週間後、水温も12度まで上がりベイトの数もかなり増えてました。
この日は三川ダムからスタート。

やはり三川ダムでもマサウオから投入。
前回釣行のミスバイトからマサウオを背ばりフック+アシストフックに変え、ルアーバランスを取るために5gのネイルシンカーを注入。
これで、テールバイト、根掛かりを回避し岩をタイトに巻けるようになります。

早朝数投目で

50up!

次の日も
早朝すぐに

マサウオがハマりにハマってます。

日が差すと一気に厳しくなる三川ダム。
ここで伝家の宝刀スーパースティックに変えスローな展開にシフト。

ノーシンカーでドリフトさせていくと、

丸いNICEプロポーションの良型出現!

お昼からはエリアを八田原ダムへ
時折見える魚はボトム付近を泳ぎ目線は下向き!

魚の目線に合わせてスーパースティックの1.8gネコリグで丁寧に流していくと、遂に夕方に

ブリブリのモンスター出現!

54cmの2キロオーバー
伝家の宝刀スーパースティックがラストにドラマ魚を触らせてくれました。

春のリザーバーは特にマッチ・ザ・ベイトが顕著に出る季節です。
普段バスが狙っているベイトにルアーを合わせ、目線を合わせる。

マサウオ、キャラメルシャッド、スーパースティック いずれも魚系ベイトを演出することが可能で状況に応じてルアーローテーションでバスをゲットすることができました。

バスが狙っているベイトからルアーを考え、エリアを考えて釣りをするのは最高に楽しいです。

これから春本番!
どこのフィールドでもマッチ・ザ・ベイトで春のNICEプロポーションの魚を追って行けたらなと思います。
以上 釣行レポートでした(*≧艸≦)