『ジャコバグホタルイカチューンで根魚』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『ジャコバグホタルイカチューンで根魚』

『ジャコバグホタルイカチューンで根魚』

海太郎モニターの高野幹也様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

釣行日 3/30 場所 富山県東部 潮汐 大潮

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この時期(2〜6月)富山県や新潟県の沿岸にホタルイカが産卵の為に深海から浮上し、産卵後に岸に打ち上げられます。

様々な魚がこのホタルイカを捕食しにやって来て高活性な状態になります。

狙える魚種は主にメバルやカサゴなど根魚、シーバスやクロダイなどもターゲットになっています。

アングラーの間ではこれを「ホタルイカパターン」と呼んでいて春の恒例となっています。

パターンにハマれば良い釣りが出来るのですが、ホタルイカの接岸はとても気まぐれで、予測するのが難しいのです。

新月の夜に接岸が多い事が条件の1つですが、残念ながらこの日は満月。少し期待薄です。

ホタルイカパターンも睨みつつ、メインベイトは稚鮎と予想して河川絡みのポイントへ。

夕マヅメからポイントに入り、まずはベイトに合わせスパテラ2.5インチ×レベリングヘッド0.9太軸金鉤からスタート。

なかなかアタリがありませんが、日が沈み暗くなった頃にメバルからの反応が。


サイズは伸びませんが、コンディションが良く引きが強い。

今度はホタルイカパターン仕様にチューンしたジャコバグへチェンジして、ストラクチャー周辺をチェック。

ホタルイカの様にふわふわとリトリーブしてくると突然ガツンとバイトが!

狙い通りのカサゴ。

一旦、ホタルイカを捕食した魚はこの高カロリーなベイトの味をしめるのか依存しているようでシルエットや動きを合わせると高確率でヒットに持ち込めるのもホタルイカパターンの魅力です。

ベッコウゾイ。

短時間でしたが、この他にも様々な根魚が釣れてとても楽しかったです♪

色々試してみましたが、ジャコバグ3.2インチ×ハネエビヘッド2gがレンジやシルエットがホタルイカに近いようです。

そして自分のオリジナルでアシストフックに夜光玉をつけてホタルイカの触腕発光を模しています。

爆釣を妄想しながらこんなチューンを日々試行錯誤するのもホタルイカパターンの楽しみでもあります(笑)


お近くのアングラーの皆さんもそうでない方も今がベストシーズンのホタルイカパターンに海太郎アイテムで是非、挑戦してみてください!

タックルデータ

ロッド : メバルロッド7.6ft
リール : 2506番
ライン : PE0.6号
リーダー : フロロ1.5号
ルアー : issei海太郎スパテラ2.5インチ×レベリングヘッド0.9太軸金鉤、ジャコバグ3.2インチ×ハネエビヘッド2g