『ハネエビ、ネコメタルでデイメバル‼』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『ハネエビ、ネコメタルでデイメバル‼』

『ハネエビ、ネコメタルでデイメバル‼』

海太郎モニターの村田勇様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

釣行日3月18日、大潮、晴れ後曇り。
長崎北部エリアの平戸にかかる平戸大橋周辺でボートライトゲームを行なってきました。
ベタ凪なので晴れ間が出てるうちに先ずは状況把握。
岸沿いを約3キロ程観察してまわり、良さそうなポイントだけタイミングを見て入り直しました。
その中の一部のポイントでは岸から約30〜50m沖に大きめの捨て石が岸と平行に乱雑に散りばめられ、盛り上がったり窪んでいたりと良い地形を作っていました。
水深にして約5〜7mといった所。
先ずは中層に浮いているメバルをサイトで狙い、ハネエビヘッド2g、ハネエビ1.5インチ(活エビ)で2回跳ねさせフリーフォール。
一匹を釣ると周りのメバルがそれに興味を示し集まってくる。
次からはメバルのレンジも更に上がり上を強く意識しているのでフォールのみで反応してきます。
それからハネエビの取り合いで入れ食い状態!
そのまま同じルアーでやりきると魚も飽きてくるので釣れてる内にネコメタルにチェンジ。

微かに薄れていた反応が新たにパニックを起こし連発︎

ラインの抵抗がかかる前のネコメタルは自然にヒラヒラと自発的アクションを起こしながら沈んでいくのでファーストコンタクトで喰ってくる事が多いです。

そんな感じで点々とするメバルの群れを釣って捨て石のブレイクに着くカサゴをハネエビで狙ってみるとこれも好反応︎

途中キジハタと勘違いする強い突っ込みでヒヤヒヤさせてくれたのは35センチ近いカサゴでした。

スイミングのレベリングヘッド、ダートメインのハネエビヘッド(スイミングでも使える。)、ウエイトが豊富でトップヘビー、ボトムヘビーと使い分けできる2ウェイジグのネコメタル、更に各水深でかかるラインの抵抗を利用したフォールアクションが異なる為、使用の幅が広がり、ネコメタルだけでなく海太郎製品はあらゆる状況にもアジャストできると思っています。

まだまだ楽しい発見が期待できる海太郎製品と共に今後も「楽しさ︎」をメインに釣りをして行きたいと思います。

タックルデータ

ロッド シマノ ポイズングロリアス264uls-s

リール ダイワ ルビアス2004h

ライン 月下美人 月ノ響Ⅱ0.2号

リーダー 東レ プレミアム船ハリス0.8号

ルアー ハネエビヘッド2g、ネコメタル、3g、5g

iPhoneから送信