『ギルフラット』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > バスモニター > 『ギルフラット』

『ギルフラット』

バスモニターのHASSYさんよりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

外気温としては、春を感じる暖かさ。
魚も春を感じているのではと、スコーンジグにセットしたキャラメルシャッドで、シャローエリアをランガンしつつ、ラウンドジグヘッド0.9gにセットしたスーパースティックで探るもアタリはなし。
沖への釣りにシフトし、ザリメタル9gで探り、その後シャローエリアをG.Cミノーでのリアクション狙いましたがダメでした。
最後に明るいうちにゴミ拾いした後、ギルフラット のリグ、ウエイト確認して終わりました。

もう春は来ている感じなので来週あたりから良さげな予感がしています。

今日は、色々とテストしてきたギルフラットのリグを紹介させていただきます。

マルチオフセットとの組み合わせは設計されている事もありもちろん抜群です。
ギルフラットのもたらすシルエットとあのアクションは、他のメーカーにしてもないもので、バスの食性反応を誘発し且つリアクションでも反応させられる物だと思っています。

言ってしまうと、本気喰いしてしまうワームです。まさにそのパターンとなれば、ほとんどのバスは丸呑みの状態で上がってきます。
その中でも、やはり頭の良いバスは、特にリアクションで食わせた際に、一瞬で吐き出すことも多々あります。要は、最初の一吸いで吐き出すパターン。そして、ボトムでのバイトもリアクションでは口から出してしまう事もあります。これは、ブラインドでもサイトでも同様であり、浮上ウエイトの発泡スチロールを入れている時などには、横付けオフセットでのフッキングが決まらないことがあります。
これは、フッキング角度の問題もありますが…。上手い人は全然かけれますし、ほとんどの場合の食性反応はくわえたバスはあまり離す事はないのでマルチオフセットの組み合わせで問題ないです。

フッキングが悪い時、リアクションでの食わせ、ブラインドでの釣りにおいてのフッキング率の向上として、もう一つのマス針でのセッティングがあります。
要は、針を剥き出しの状態であり、縦喰いでもフッキング率が向上するリグです。
これは、赤松さんがブログでもすでにご紹介されています。(実は同じ事考えてたことは置いといて笑)
赤松さんとは少し違う使い方をご紹介致します。

用意するものは、
マス針3/0フック。
グレネードシンカークイックチェンジャー0.9~1.8g(Nogales)。
ネコパンチL(Nogales)。
ネイルシンカー0.3~0.45g。

まずは、浮上効果をもたらす付属品の発砲スチロールを2.5cmぐらいにカットして入れます。

次にネコパンチを以下の写真の様にねじ込みます。目のあたりの位置がベストです。

そして、シンカーを装着します。
クイックチェンジャーでなければ事前にネコパンチに装着してからねじ込んでいきます。
シンカーを装着する事で頭落ちのフォールを再現でき、イメージとしては底をついばむギルの様に見せれます。

そして、お腹(下の部分)にネイルシンカー(0.3~0.45)ウエイトを追加します。
これを入れる事で、頭落ちしたギルフラット がボトムに着いた時にゆっくり水平に立ちます。また、次のアクションの立ち上がり性能を良くします。

最後にマス針を刺して完成です。

必ず真っ直ぐなるように刺します。
失敗しても何回も刺し直してください。
良い動きが出なくなりますというか、真っ直ぐ泳がなくなります。

ギルフラットを使用して思った事は今や確実な自分の釣りには不可欠なワームです。

このリグのアクションについて、基本的に表層付近での使用もボトムであっても同じで、巻きでアクションさせます。ロッド操作でのアクションではなく、リール側、すなわちハンドルを回してアクションさせます。三角巻きも有効です。巻きでのアクション後は、ラインスラッグも問題なく出て、フッキング動作を素早くできます。リールは、ハイギアのリールを僕は使用しています。

この動きを自分で体感したら間違いなくほとんどの人がヤバイと感じるかと思います。
ぜひこのリグを含め、ギルフラット色んな人に使って欲しいです。
これからの時期間違いなく、ええやんかぁ~と言えます!