「春を告げるメバリングにネコメタル」 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 「春を告げるメバリングにネコメタル」

「春を告げるメバリングにネコメタル」

海太郎モニターの杉田淳二様よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。


釣行日 2018年3月18日

大潮 上げ

大阪湾 テトラ帯

お久しぶりです!寒かった期間にも釣りに行っていなかったわけではないのですが、なかなか芳しい釣果もない中、モヤモヤとした気分をどうしたらスッキリできるだろうというここ数ヶ月でした。2週前の大潮の時も期待して出かけたナイトでは、不発。次の日に行った友達は爆釣し、その情報を聞いてあくる日に行ってもまた坊主。。。ちょっと凹んでました。

さて、このところの朝まずめは5時ごろがアツイ!との情報を仕入れ、4時半にはスタート。潮はいい感じで右に流れていて、目の前のストラクチャーでヨレができている。ジグヘッド(レベリングヘッド)にスパテラ2.5インチ(鯛ラバ)で重さも変えつつ、色々と試すが反応がない。レンジを変え、沖向き、テトラ沿いと試す。友人はプラグを打っているがこちらも同じく反応がない。一番いいだろうと思われた5時を過ぎても状況は変わらず、場所を移動することに。約100mほど手前、別なストラクチャーの横に。同じくジグヘッドで探ってみるもここでも反応がない。すでに明るくなってしまって、今日もまたこのまま結果を残せずに終わってしまうのかという嫌なムードが漂う。

しかし、この感じを一気に払拭してくれたのが今日のヒットルアー「ネコメタル」!3g、シルバーピンク。軽めのジグヘッドでは届かない、ストラクチャーの真横までしっかりと飛ばして、カウント6までフリーフォール。そこから3、4回しゃくりを入れ、テンションフォールをさせていると「コン!」っと小気味いいアタリが。久々の魚からの反応にこちらもテンションも上がり、同じ場所に同じ方法でフォールをさせているとククっと一気に奪うようなアタリ!これにはバッチリフッキングも決まり。長かった冬から一気に春を感じた瞬間。

これが魚の活性が上がったタイミングだったのでしょう。次のキャストでも同じようにアクションを入れてのフォールでヒット。サイズアップで23cm。ガッツリと喰っていました。友人もここでネコメタルに変更。もう一人の友人はハネエビ。沈めすぎるとガシラ(カサゴ)になってしまうので、中層よりも少し上を狙うことで活性の上がったメバルをゲットすることができたようでした。しかし、今日の軍配はネコメタルで決まり。トップヘビーセッティングでフォールのスピードがゆっくりだったのが今日の海の状況にピッタリだったと思われます。

これから水温も魚の活性もどんどん上がってくるはず。ライトゲームも暑い日々が続くと期待して、ますます釣行に励みます!