『寒くても現場へ』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『寒くても現場へ』

『寒くても現場へ』

岡山県の三宅竜太様より、レポートをいただきました。

この冬、各地で氷点下が記録される中、晴れの国岡山も12月から早々に氷点下に突入し、水温も今では最低水温の4〜5度。
2月に入りどのフィールドも一面氷に覆われたりで岡山では近年体感したことのない冬となりました。
おそらくバスもかなり過酷な冬を暮らしていたのだろうと思います。
そんな厳しい冬でしたが、今までは「冬=ディープ」と固定観念があり冬はディープばかりをやってきましたが、今年の冬はシャローエリアをメインで取り組んできました。
北西風ビュービューの中でも陽が当たり、風裏となるハードボトムではビビビショットにスパテラ3インチで甲殻類をイメージして動かすと
野池で安定した釣果を出してくれました。
ボートでは早明浦ダムにて、水深3〜5mの浅めの立木からスパテラ3インチのダウンショットで
またエリアによってはスモラバのトレーラーにスーパースティックで好反応を示すシャローの魚も!
メジャー河川の倉敷川にて、風裏のアウトサイドベントのハードボトムにて筋肉ムキムキの強い魚をゲット!

ハイプレッシャー野池で水温の上昇のタイミングでさして来た魚を1stブレイクにて
シャローに入ってくる魚はいずれも黒くて強そうな個体ばかりでした。
現場に何度も立っていると、魚が動くタイミングが感じれるようになってきます。
今、深場であまり動いてないなぁって時はザリメタルも使用して
60mの沖の1段落ちたブレイクにて
暖かい夕方に1stブレイクにて
いずれもシャローでの魚ですがやはり口を使うタイミングがあり、マヅメと水温の上昇のタイミング、水が動くタイミングでたくさん釣る事ができました。

例年はディープでのメタルやダウンショットばかりで冬の白い越冬している魚を釣ってましたが、最近ではスモラバも取り入れてシャローゲームで黒く強く大きい魚だけを狙ってやってきました。

バスが口を使う時間が極めて少ない冬ですが、必ずシャローに入って餌を食う個体はいます。
タイミングも重要ですが、私が一番意識しているのはベイトです。
そのフィールドにあったベイトをイメージしたルアー選択やアクション、狙う場所を心がけて釣りを楽しんでいます。
中でもイチオシは
ビビビボムやショットのトレーラーにスパテラ3インチ‼︎
見るからに甲殻類!ですが、アクション次第で小魚がボトムを啄む様も演出。
リトルパドルテールでしっかり水を掴み、押してゆっくり倒れこんで、食わせの間を演出してくれるので、冬の動けない魚にはよく効きました。
色々な状況で色々なルアーでシャローゲームをやってたくさん魚に触れる事ができました。
ですが…
流石に2月に入りどのエリアも凍結したり、水温4度を下回ることもしばしば。泣
冬定番の温排水エリア等がなくなった岡山にとって2月はもっとも過酷な月間ですが、寒くても時間がある限り現場に出向いて、これから迎える三寒四温を隔て、春に向かっていく魚をしっかり追えるようにフィールド感だけは常に感じていきたいと思います。
答えは現場にしかないので、寒くても現場には立ち続けます!笑