『カラーローテーションでアジ・メバル!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『カラーローテーションでアジ・メバル!』

『カラーローテーションでアジ・メバル!』

海太郎フィールドモニター高野幹也様 のレポートです。

釣行日:2018.1.16 場所:新潟県上越 潮汐:大潮 時間19:00~

前回、実は季節はずれの大雨に見舞われ釣行を早々に断念した経緯があり、今度こそ
何とか魚の顔が見たいところです。

それで今回は冬のアジ・メバルを狙って反応の良い場所を探しながら港湾内をランガ
ンしていく事にしました。

この日は新月大潮で魚の動きはありそうですが、夜半過ぎには天候が悪くなる予報で
すのでそれまでが勝負です。

厳寒期(1~2月)の新潟県や北陸地方は厳しい冷え込みと水温低下でアジが少なくな
りサイズも小さく難しい時期になります。

メバルはスポーニングに入り、産卵に絡む大型は口を使いません。

しかしアベレージ以下のサイズは活発で、釣り物の少ない冬のアングラーを楽しませ
てくれる貴重なターゲットです。

大型を狙うのはもう少し後になりますが、有名な「ホタルイカパターン」でのアフ
タースポーニングメバルです!

それまで、産卵期は無理に大型は狙わず、バーブレスフックの使用、またはキープし
ない等のリミットを設けるようにしています。

この日は荒れる前とあってか、この時期にしては気温が高く快適に釣りが出来ます。

ルアーセレクトは【レベリングヘッド0.5g×シルキーシャッド2in】カラーはクリア
シルバーフレーク。

常夜灯の明暗部や水深の変化するブレイク付近を攻めます。数匹メバルを釣ったとこ
ろで移動。次のポイントも数匹釣れますが、すぐにアタリがなくなる。

状況はササ濁りの水質、レンジはサブサーフェスで大きなアクションを嫌うパター
ン、デットスローでリトリーブしないとバイトしてこない状況。

反応の良い組み合わせを見つけるため何度かルアーチェンジ。

レベリングヘッド0.75g×スパテラ2in】チャートグローへチェンジ。これが反応
良く、バイトも深く出てきました。

どうやらキーワードは動きのアピールでは無く、カラーでのアピールのようです。も
しやと思い試しにUVライトで蓄光してみると、、

これがハマったようで更に連チャン!他のグローカラーへチェンジしても反応は良
く、明らかにグローに反応しているようでした。

メバルを30匹程釣ったところでアジングヘ。難しいと思われた真冬のアジも釣ること
が出来ました!

カラーローテーションに関しては、基本はクリア系を中心に、アミパターン時はレッ
ドフレークやアカアミ、

マズメやベイトパターン時はシラスレインボーや活エビ、カブラ等の半透明な透過カ
ラー、

今回のように濁りに強いチャートグローやパール、鯛ラバトレーラーなどもローテー
ションしています。

海太郎アイテムを使って、上手くカラーローテーションすることで釣果がアップする
ことは間違いありませんね!

タックルデータ

ロッド:メバルロッド7.6ft

リール:ダイワ2004番

ライン:PE0.3号 リーダー:フロロ3lb

ルアー:issei海太郎レベリングヘッド各サイズ スパテラ2in シルキーシャッド
2in