『ショアからのシャローエリアのアジング、産卵期のメバリング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『ショアからのシャローエリアのアジング、産卵期のメバリング』

『ショアからのシャローエリアのアジング、産卵期のメバリング』

海太郎フィールドモニター 藤野 貴至様 のレポートです。

新年あけましておめでとうございます。
本年もショアからのアジ、メバルを追いかけていきます。
よろしくお願い申し上げます。

年末から年明けにかけてショアからアジ、サバ、産卵期のメバルを狙って釣行してきました。
昨年10月頃より徳島、鳴門方面の海水温が前年度と比較し2℃近く低い状態が続いています。
その為、良型アジは半月程早く釣れ出し、半月早く終わってしまいました。

昨年12月の釣果ですが、安定のレベリングヘッド太軸金針0.3g、0.6gにスパテラ2.5インチをメインに2インチ、3インチを使用。

また、アジと一緒にサバとメバル(ブルーバックの第一陣)が回遊しているのですが、今シーズンは良型のブルーバックに会う事が出来ませんでした。

尺越えのサバは出ませんでしたが、寒サバの一夜干しはとても美味しかったです。

また、外道にヒラセイゴなんかも釣れました。
相変わらず小顔でかっこいい魚です。


ドラグフルロックでもフックが伸びる事もなく難なくランディング。
レベリングヘッド太軸金針の安定感には助けられます。

年明けからは、荒天続きで風とウネリで釣りが出来る場所が限られてしまいました。
その為、風裏の漁港にて豆アジングなんかもしてみました。

レベリングヘッド太軸金針1.6g、スパテラ2.5インチ
水温が下がっても、探せばまだ豆アジングも楽しめます。

風が少し落ち着いたタイミングでようやくメバルを狙ってきました。

15cm~20cm前後の個体ばかりでしたが、パワフルな引きを堪能できました。
やはりショアからのメバリングは面白い。

釣り方は、フロートにレベリングヘッド太軸金針0.3g、0.6gを使い分け、スパテラ2.5インチ、2インチ、3インチ、シルキーシャッドを使用。
レベリングヘッド太軸金針0.3gと0.6gの使い分けですが、基本的には潮流の強弱で使い分けています。
潮流によりショートバイトとなるようであれば、0.6gに変更するといった感じで使用しています。
あまり難しく考えず、釣りがしやすい重さを選んでいます。
注意点は、フロートの残浮力より重たくしない事、リグ全体を沈めてしまわない事です。

メバルを狙う上で一番大事な事。
メバルの見ている方向だと思います。
シャローエリアに入ったフィーディングモードのメバルのほとんどが上方を見ている事が多いと感じます。
メバルの見ている方向を意識して釣りを組み立てれば、数か月後のアフター回復期に入ったメバルにたくさん出会えると思います。
是非、意識して釣りをしてみて下さい。

これから産卵期(抱卵)真っただ中で、厳しい釣りが続きますが、ショアからのメバリングを追求していきたいと思います。

※レポートを読んで頂いた皆様へ個人的なお願いです。
特に根魚の成長は遅い為、産卵期(抱卵)のメバル、ガシラ、小さな魚のリリースにご協力お願い出来ればと思います。
 また、抱卵魚のリリースは、波止(高所)から投げ落とすのではなく、ネットや水くみバケツを使用して水面にリリースする事をご協力頂ければと思います。
 一度、少なくなった個体を増やすのは人間には難しい事です。
出来るだけ今の環境を後世に残せる努力は必要だと感じてのお願いです。

最後に、友人がスパテラを使用した釣果をご報告させて頂きます。
友人内に海太郎ユーザーが増殖しています。

大潮、月夜と厳しい条件で、スパテラ チャートグローを使用しての釣果です。
月夜でもしっかりアピールできるカラーとして愛用してくれています。


28.5cmのビックママ。
元気な子供をたくさん産んでもらいたいと思います。
写真撮影後、速やかにリリースしました。

タックルデータ
タックル1
ロッド:レガーメ X-ARMATURA 烈煌
リール:ストラディックCi4 2000S
メインライン:よつあみ G-soul Upgrad X4 0.4号
リーダー:よつあみ GP-Z2.5号、1.2号

タックル2
ロッド:グラファイトリーダー スーパーカラマレッティーGOSCS-932M-L/SJ
リール:ルビアス2510PE-H
メインライン:よつあみ G-soul Upgrad X8 0.6号
リーダー:よつあみ GP-Z2.5号、1.2号

藤野 貴至