『海太郎ルアーの使い分け』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『海太郎ルアーの使い分け』

『海太郎ルアーの使い分け』

海太郎フィールドモニター 村田勇様 のレポートです。

釣行日12月17日。

前日までの予報が最高気温5℃北西の風10m。
釣行日にはなんとか落ち着いてくれたので風にも負けず、雪にも負けず、今回もボートゲームで楽しんで来ました!

今回のプランはこちら。

スパテラ、シルキーシャッド、ハネエビ、ネコメタル、ネコスピンを使用し、狙う魚に対して一番良いと思われるタイミングに各ルアーを当てはめて魚からの反応をみてみました。
これで釣ってやろう‼︎
ではなく、このタイミングならコレがいいんじゃないか?と言う勝手な想像で今回のゲームプランを紹介したいと思います。
朝の薄暗い時間帯からスタート、大潮の上げ6〜7分が重なる事から魚(メバル)はシャローを意識していると過程しポイントを絞る。

前回の釣行で魚はまだ冬本番って感じではなかった事も踏まえて大きな湾の入り口にある島周りや磯周辺にボートを走らせその中でも割と*ディープに隣接したエリアを重点的に攻めてみる事に。

更に細かく例えると、沖に張り出した磯や瀬をイメージして頂きたい。
伸びた地形の左右どちらかが急激に落ち込んでいてもう片方が瀬から大きめのゴロタ石に変わりながらワンド状になっている場所。
ゴロタ石でなくても瀬のスリットが細かく入っていたり岩が絡んでいる所も良い条件の場所と言える。

なぜわざわざそんなエリアでやるの?

そういった疑問もあるかもしれませんが水温が下がってくると深場に居た魚が浅場に上がってくる。
良型揃いで産卵を意識した個体やそうでない個体も含め最初に上がってくるのがそういった場所となります。

更にナイトではなくデイゲームで良型が連発するのでラインを見ての釣りも、サイトで狙い打ちも出来るという好条件。
そういった条件に似た場所を数ヵ所、朝の短い時間にテンポ良くランガンして行きました。

ルアーはレベリングヘッド1.5gにシルキーシャッド2inch(シラスレインボー)をセット、スイミングで1mレンジを探る、1つの場所で投げても3投それに反応する魚だけを獲っていき、しない魚は後程ジグで狙う。

とにかく朝のローライト時にまわれるだけまわりたいからだ。
一通りまわり終えた所で明るくなり潮は上げ8分程に、アジ狙いにシフトし河口に向かった。
ベイトとなるシラスが多く沖ではサゴシがそれらを捕食。
潮位が高くなるとそれに乗ってアジの群れやサバの群れが餌の多い河口付近へと上がってくるので流れが最初に休まるワンドにボートを固定、ベイトが溜まり易く抜けにくい状況を作り出す事からアジは回遊してくるはずと信じレベリングヘッド1.75gで手早くサーチしてみる事に。
先ずはボトムをとり、、、と思ったら中層でラインが止まる。
ティップでアタリをききフッキング!
途中まで上がってきましたが惜しくもフックアウト。
レベリングヘッド1.5gに変えて再度チャレンジすると、また中層でラインが止まり良型のアジをキャッチ。

今度は一気に0.5gに落としフォールの間を長くとってみると豆アジがヒット、0.9gでも豆に悩まされるので1.75gに戻し中層やや下までのアタリを無視しそれからのアタリだけを狙うと良型を釣る事ができました。

そうこうしている間に潮止まりを迎え、下げの動き出しに備えて移動。
朝にまわった磯や島周りのディープに面した側をネコメタル3g、5gを使ったバーチカルジギングでメバル狙いに。
ここでの肝はフリーフォール、2アクション入れてフリーの繰り返しでラインが止まるアタリをとっていきます。
以前のレポートでハネエビを使ったフリーフォールの釣りを紹介しましたので細かい説明はそちらをご覧下さい。
最初にネコメタル3gで水深5m付近を攻めてみましたがノーバイト、徐々に10m弱ある深さまで流し5gに変更、きっちりフォールさせると連発‼︎

フッキングミスやバラしが多く本当ならば3gを使いたかった所、当然3gを使う方が食いは良く釣れ続くのですが爆風でなかなかボトムを取る事ができない。
ちょっとした小技ですが、ファーストアプローチでフリーフォールの最、ボトムに近くなったタイミングにスプールを指で抑えチョチョンッと軽くだけアクションを入れています。
これは試して頂くだけで効果がわかると思いますので是非やってみて下さい。
一通りメバルジギングを楽しんだ後、再びアジングをし潮位は干潮を迎え、ここからは堤防下のスキッピングゲーム‼︎

これも以前紹介させて頂いたのですが、今回は根魚蟲でのバックスライドでは無く、スパテラ3inchにネイルシンカー0.45gをセットしたネコリグで狙ってみました。

堤防下の鉄板は牡蠣だらけで根掛かりし易い事からフックを自作スナッグレスフックに、ワーム自体の動きを殺してしまうので通常フックでやりたい所ですがロスト率を考えると仕方がないかと。
きっちり背中側の鉄板に当てるイメージでキャストし、細かくシェイクを入れる。
ルアーに直接アクションを入れるイメージだとルアーが手前に引っ張られ鉄板から離れてしまうのでラインの揺れをワームに伝達させるイメージで1m程沈めたら回収してキャストの繰り返し。

柱と鉄板の隙間などをピンで狙う時は根魚蟲バックスライドセッティングが効果的でスパテラ3inchと根魚蟲を使い分けると取りこぼし無くカサゴをキャッチできると思います。

スパテラ3inchはアジは勿論、メバルやカサゴにも使え、今回特にカサゴの反応の良さが目立ちました。
堤防下じゃなくても朝夕の満ち潮が重なる時、シャローエリアでのスパテラ3inchを使ったネコリグ是非試してみて下さい‼︎

スパテラ2inch、2.5inch、3inch、シルキーシャッド2inch、ハネエビ1inch、1.5inch、各専用ジグヘッド、ネコメタル、ネコスピン、これさえあれば海のライトゲームは如何なる状況にも対応できると確信した釣行となりました。

堤防下スキッピングゲームのムービーや釣果投稿などfacebookにて公開していますので宜しければチェックしてみて下さい。

https://m.facebook.com/136murata

タックルデータ

(ハネエビ、ネコメタル3、5g、レベリングヘッド1.75g)
ロッド シマノ ポイズングロリアス264uls-s
リール ダイワ ルビアス2004h
ライン ダイワ 月下美人 月ノ響Ⅱ0.2号
リーダー 0.8号

(レベリングヘッド0.5〜1.5g)
ロッド ダイワ プレッソags64L
リール ダイワ セオリー2004
ライン ダイワ 月下美人 月ノ響Ⅱ0.2号
リーダー 0.6号

使用ルアー
issei海太郎
シルキーシャッド2inch、スパテラ2、2.5、3inch、ハネエビ1.5inch、ネコメタル3、5g、レベリングヘッド0.5、1.5、1.75g、レベリングヘッド太軸金鈎、ハネエビヘッド2g。