『レベリングヘッド太軸金針でアジング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『レベリングヘッド太軸金針でアジング』

『レベリングヘッド太軸金針でアジング』

海太郎フィールドモニター 藤野貴至様 のレポートです

各地で良型のアジが釣れているとよく聞くようになり、いよいよアジングハイシーズンです。
また、メバルもぽつぽつと釣れ始めてきています。
今回は地元(徳島県)でも釣れ始めてきた良型のアジを狙ってきました。

ポイント状況は、潮通しが良く、ディープエリアも隣接している場所にて釣りを開始。
基本的に常夜灯もなく、地形変化のみの場所ですので、軽量ジグヘッドを潮に流しながら釣りをしていきます。
使用したジグヘッドは、レベリングヘッド太軸金針とスパテラ、シルキーシャッドです。

釣り方は、潮上にキャストしカウントダウンでレンジを刻み、そのレンジをキープし潮の変化(ヨレ等)がある場所を探す釣り方です。
言葉にすると難しいですが、要は潮の流れにジグヘッドを馴染ませて変化のある所へ送り込むという事です。

この方法で、潮の変化がある場所を見つけた後は、どのレンジにいるかを探すだけ。
数投同じ場所へ送り込み、毎回レンジを変更し数メートル誘っては打ち直す事を繰り返していると、尺はありませんが、良型のアジを見つける事が出来ました。


太軸ながらフッキング性能が非常に良く、硬い上顎も難なく貫通します。

この日の釣果です。

また、この時期はアジと一緒にサバも回遊しています。
冬場のサバは非常に美味しく、実は密かにサバを狙って釣りをしている事もあったりします。

これから尺超えの良型サバが陸っぱりでも狙えると思います。

レベリングヘッド太軸金針を使う理由としては、太軸である事と軽い重量でもバランスが良い事。
シャローエリアでの釣りでは、ドラグを出来るだけ出さない釣り方をします。
アジの場合は、根に突っ込む事はありませんが、メバル相手となると力比べとなりますので、この太軸が必要となります。
また、軽量ジグヘッドの場合に、バランスが悪いとフッキングが悪くなります。
レベリングヘッド太軸金針の場合は、フロント部の重りとフックの重量のバランスが良く、流れの中でもフックポイントが上向きをキープしやすい為、フッキングが非常に良く感じます。
しかし、ただ太いだけのフックでは、フッキングで上顎を貫通出来ず、中途半端に刺さり、フックが伸びる事もあります。
レベリングヘッド全般に言える事だと思いますが、バーブ(カエシ)が小さく、フックポイントからの少し離れた位置にある事で、フックの貫通力が非常に良いと感じます。
フックが伸びる、折れると悩んでいる方に是非使って頂きたいと思います。
これから始まる、シャローエリアでのメバルシーズンに使い込んでいきたいと思います。


藤野 貴至