『オフショア うまはたGame!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『オフショア うまはたGame!!』

『オフショア うまはたGame!!』

海太郎フィールドモニター 村田勇様 のレポートです。

釣行日12月3日、大潮、ハイライト。

ここの所休みの度に時化(泣)
やっと休日と凪とが重なり沖へと向かう事が出来ました。
って事でシーズンも終盤に差し掛かっている???
まぁ年中狙えますが、ハタゲームに的を絞り狙いの場所へと向かいました。

そこは潮流が特に早くポイントに着いたからと言ってすぐに釣りをできる訳ではありません。
増してはライトゲーム、水深は10m~30mといった所ですが100gのジグを落としてもあっと言う間に流されて根掛かってしまう程、狙えるタイミングは潮止まりから動き出しの限られた時間のみ。
潮止まりなら魚の活性が低いんじゃないの??と思われがちですが湾奥の様に完全に止まってしまう事はありません。

潮流が極端に早いエリアのキジハあくまでも自分の経験上潮流が特に早いエリアのキジハタは浮いて捕食する行動をとらない傾向があり、イメージでは追っても1mちょっと。
むしろ潮が緩みだしたタイミングは遊泳力が高くない根魚にはベイトを捕食する絶好のチャンスなのかもしれません。
浮かない魚に対し手返し、効率、フィッシュパターンのスイミングの釣りはここでは不向きになり、反応が極端に悪くなるので線の釣りではなく点の釣りが有効、オフショアの釣りではほとんどが真下の釣りか少し斜めの釣り、船は潮流や風により流される為点の釣りでも色んなポイントに仕掛けを落とす事が出来ます。

上記であげた事も踏まえて今回ハタゲームで使用するルアーのメインとなったのが根魚玉28g。
ボトム中心の釣りにももってこいの根魚玉はやはり強い!

早いテンポでアピール重視のうまはたグラブに着底後のトン、ふわぁ~の間のジャコバグ4インチ。鉛とワームとが一体でないので着底後の余韻が深いバイトに繋がっているのかもしれませんね。

ワームの釣りを中心としていたのですがエサ取りのベラやキタマクラ、フグなどがワームかじったりちぎったりでワームの消費が半端無いためネコメタル19gにチェンジ。
軽い入力でも直ぐに横を向いて喰わせの間を作ってくれるネコメタルはボトムギリギリでアピールさせる事も可能、思わずバイトしてきたのは50オーバーのキジハタでした。

突発的なナブラにも対応するネコメタルは正に無敵!

ショア、オフショア、様々なシチュエーションで大活躍の海太郎製品、オフショアの釣行でも使用して頂けると新しい発見や魚との出会いがあると思いますので是非試してみて下さい。


今回潮止まりまでの時間にネコメタルの形状に寄せて削ったオリジナルジグでヒラマサを狙ってみました。


しゃくり易く抜け感もバッチリで、軽い力でも良い動きをしてアピールしていたと思います。
気持ちの入ったルアーだからそう思うのかもしれません(笑)

立て続けに2本釣れ、根掛かりロスト。


ショックも大きいです(泣)ヒラマサジギングでは夏からオリジナルジグを使用していてアルミ貼り仕上げ、あえてノンコーティングを試しています。

これも確信までは行きませんが今後も魚からの反応を見て行きたいと思っています。

タックルデータ

ロッド
ダイワ スティーズ65LFS改(グリップ延長)

リール
ダイワ セルテート2510PE-H

ライン
紅牙8ブレイド0.6号

リーダー
東レ プレミアム船ハリス4号