『秋の東京湾 アジング&五目』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『秋の東京湾 アジング&五目』

『秋の東京湾 アジング&五目』

海太郎フィールドモニター 古川順一様 のレポートです。

11月2日(木)

すっかり秋めいて、東京湾の陸っぱりポイントも、
アジやカマスと選択肢も増える頃。

ここ数日、金沢八景、磯子と幾度となく調査するも撃沈…
近場の京浜運河で腰を据えて粘る事に決定!



下げから2時間、潮目も近づいて来て、
魚の気配もあるので、トリッキーな釣りに挑戦!

こちらが鯛ラバトレーラー・スパテラのアレンジ。
マグロの「エビング」をダウンサイジング化しているので「チビング」。
マグロと同じ青物なら釣れるんじゃないかな〜と・・・
ステンレスワイヤーに、ネコメタル(7g)と
ジグヘッドにスパテラ2.5をひっかける。

本来のエビングの機能は果たしてないが、
かっ飛んで、あわよくばネコメタルにヒットすればという算段。

数投して、シャクルと言うより、漂うように泳がせると違和感が。
引き上げると、プリプリアジがヒット。

釣れたというより、強引に釣ったという感じですが。
飛距離が稼げるので陸っぱりには有効か…(笑)

お待ちかねの群れが入ったようで、
スパテラ2.5のジグ単で探ると、
いい感じにコツン、コツンとアタリが。

さらに連発。ステイでも食ってくる感じ。
鯛ラバトレーラー用の濃いピンクですが、問題なく食います。
周囲を見ると、サビキ釣りのおじさん達にもヒットしている。

10分程、連発が続く至福の時間…
その後、群れが抜けたのかアタリは小休止。

続いて、ネコスピン5.5を使い、岸際をねっちり攻める。
底までしっかり潜らせ、振動を感じながら引くと、ブルンとアタリが。

まあまあサイズのカサゴがヒット。

ほんと都会のフィールドですが、
この時期は魚種も豊富でいろいろ楽しめます。

東京湾の陸っぱりではあまりメタルジグを使っている人は見かけませんが、
飛距離にアドバンテージもあり、サイズも豊富で使いよいネコメタルは、
1年と通して使える強い味方です。

使用タックルデータ
<ジグ単タックル>
▼ロッド :ヤマガブランクス ブルーカレント58Ⅱ
▼リール :DAIWA ルビアス 2004H
▼リーダー:エステル0.3号
▼ショック:フロロ4.5

<チビングタックル>
▼ロッド DAIWA モアザンブランジーノAGS855L
▼リール ダイワ ブランジーノ2508H LB
▼リーダー PE1.5
▼ショック ナイロン20LB

使用ルアー
【ネコメタル10g(レインボー)】
【鯛ラバトレーラー・スパテラ2.5(ピンクラメ)】
【ネコスピン5.5(ブルーピンク)】