『海太郎でBG(ボートゲーム)』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『海太郎でBG(ボートゲーム)』

『海太郎でBG(ボートゲーム)』

海太郎フィールドモニター 村田勇様 のレポートです。

釣行日、11月19日、大潮、晴れ。

この日もあいにくの時化。
北北西の風7メートル、寒波が九州地方におし寄せ11月にしてはかなり低い気温をマーク、ここ数日は気温がグンと下がり水温も少しは落ちたかと。
それにより低水温を好むカサゴやメバルが深場から浅場へと移動し始めたのではないかと仮定しプランを立てて行ってきました。

朝6時半出航、早朝の干潮が潮位18とかなり低く午後の潮より朝の潮の方が満潮に向けて良い流れを出す為満潮までシャローを意識した釣りで広範囲にランガン、満潮潮止まり〜下げの時間は筏や船着場のシェードやロープなどのストラクチャー周りでアジやサバ、潮位が低くなったタイミングで根魚蟲を使った防波堤下のスキッピングゲームといった展開で楽しみました。

ランガンは岸から約5メートル前後がボートポジションでジグヘッド2〜3gを使用しバーチカルに落としたり磯際に軽くキャストしてみたり狙い方は様々。
カサゴを意識した釣りではボトムをとりアクションさせた後はフリーフォール、アタリはラインを見て取ると面白いです。
その際上げ幅の少ないアクションが有効で海太郎からリリースされているハネエビ+ハネエビヘッドはダート幅が広くアピール力に優れていて上げ幅の少ないアクションでも広範囲の魚にルアーの存在を知らせる事が出来ると思います。
ここで喰わせるまでの説明を書いみるのでイメージして頂けたら幸いです。
使用ラインはPE0.2号、リーダー0.8号、ハネエビ+ハネエビヘッド2g、3g
バーチカルやちょい投げでボトムまで落とし着底後2又は3アクションさせロッドを下げ完全なフリーフォールでアタリを取る。
着底→パンパン!(アクション)→すぅ〜〜(フリーフォール)→トン(ボトム)→ティップでアタリをきいて再度アクション。
この時アクションからボトムまでの間隔を把握しておくと、すぅ〜〜(フリーフォール)→トッ!(バイト)とボトムより手前でラインが止まったりボトムギリギリで、ズズッ(バイト)と違和感のあるアタリをラインを見てとれます。
メバルを狙う際も同じ動作をやりますがメバルはレンジが少し上なので上げ幅の高いアクションを入れた方が有効だと思います。
ネコメタル使用時も良く使う釣り方ですので是非試してみて下さい。

次に筏や船着場のロープなどでのアジングゲーム。
今回は風が厄介だったのでメインラインにフロロの0.4号を使用、リーダー0.6号でスパテラ、シルキーシャッドでボトム付近にを探り25センチ前後のアジを、中層ではサバが良く釣れました。



そらから防波堤へ移動。
自分が昔から楽しんでいる防波堤下のスキッピングで狙うカサゴゲームを紹介したいと思います。


柱で支えるタイプの防波堤に限定されますが、大潮~中潮の干潮時にできる防波堤と水面との隙間にスキッピングでアプローチし、2メートルぐらい伸びた裏の鉄板に当てるかギリギリまでキャスト、フォールで鉄板に沿って落とし鉄板のかえりでてきた溝に、潜むカサゴを狙います。


なかなか狙う事のできないポイントなので魚の󾟘数、型、共に望めゲーム性もあります。
使用したのは根魚蟲に1.8gのネイルシンカーを入れたバックスライドセッティング、オフセットフックなので引っかかる心配があまり無くルアーのロストが減り攻めの釣りができると思います。


毎回プランを立てて釣りをする事が好きでどんなタイミングで入れば一番良いか、風、潮、天候によって変わる魚のポジションにアジャストしていく楽しさは凄くやり甲斐があり、これからも自然を学びながら海太郎製品で思いっきり楽しんでいきたいと思っています。


使用タックル

ロッド:シマノ ポイズングロリアス64l-S
ダイワ プレッソags64l

リール
ダイワ ルビアス2004、PE0.2
ダイワ セオリー2004、フロロ0.4