『鯛ラバで太刀魚!』  | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『鯛ラバで太刀魚!』 

『鯛ラバで太刀魚!』 

海太郎フィールドモニター杉田淳二様 のレポートです。

秋の釣りシーズン、真っ只中!皆さん、楽しくフィッシングしてますか?
こちら大阪湾は台風21号、22号が過ぎ去った後、イマイチ、パッとしない日々が続いています。

この時期、狙える魚も多いので、どんなタックルで行こうか迷うところではありますが、本日、朝まずめの釣行は少し時間もあるので青物タックルとライトタックルで!青物はどうしても釣果にムラがあるので、そういう時はライトタックル!裏切らないですからね。

本日11月6日、大潮最終日、午前9時に満潮をひかえた朝まずめ。場所は大阪湾某所。テトラ帯です。
最近、イカの釣果はイマイチですが、メバルはチョコチョコと釣れている模様。
カマスも行けるはず。ということで、まだ明ける前の暗いうちはジグヘッド(レベリングヘッド、金針、0.9g)とスパテラ 2.5インチ 鯛ラバトレーラー(イワシカラー)で、ファーストキャスト。テトラの際に隠れているアジ狙い。
真横、テトラ沿いに投げて、沈めないでスローにリトリーブ。まずはアクションをつけないでシンプルに。
半分ほど帰って来たところで、いきなりグググ〜っと押さえ込むようなアタリ。
アジにしたら大きそうだけど、暴れ方が違う?メバルっぽくもない。
この魚は何なのか?ってリールを巻きながらワクワクするのって何にもかえがたい醍醐味ですよねぇ。
時折、ドラグもジジーと出されながらも少しずつ寄せて、また出され、ようやく足元に浮いて来た魚体は何とシルバーで細長い!!!タチウオでした。
リーダー3ポンドですから、少しでも歯に当たっていればアウトだったでしょうが、ラッキーでした!


明けて、青物タックルに持ち替え、メジロ、ハマチ、サワラを狙いますが反応はなく、それならばともう一度、ライトタックルに戻って、
今度はネコメタル、5g。トップヘビーセッティングで、沖にキャスト。
カウント10ほど沈めてから、小刻みなアクションを入れて、フォールでアタリを待ちます。
村上さんも言ってましたね、サビキにジグが付いているようなイメージで、と。そう、アクションで寄せて、ヒラヒラとフォールで喰わす!で、やっぱり予想通り、テトラの際で待ち構えていたようです。
こここっとアタリが出て、小気味よい引き。サイズはイマイチですが、アジ!狙い通りで嬉しいもんです。

さぁ、ここから連発するぞ!との思いも虚しく、この直後に急に潮が川のように流れ出し、釣りにならず。残念ながら納竿としました。