『スパテラ タイラバトレーラーで豆アジング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『スパテラ タイラバトレーラーで豆アジング』

『スパテラ タイラバトレーラーで豆アジング』

海太郎フィールドモニター 藤野 貴至様 のレポートです。

鳴門エリアでもアジのサイズが上がってきて、数釣りが楽しくなってきました。

エリアによっては厳しい状況も有りますが、手軽に楽しめるアジング。

使うジグヘッドは、レベリングヘッド。操作感とフッキング性能の安定感にいつも助けられています。

ワームはスパテラ、シルキーシャッド。レベリングヘッドとの相性抜群で操作性、リグの存在感によりストレスなく釣り続けれます。

今回は、レギュラー色のスパテラスパテラタイラバトレーラーを使いアジングを楽しんできました。

タイラバトレーラーは、ディープでの使用を目的としているので、色目が濃く、ラメツートンカラーが際立ちます。
台風や長雨で白濁りの時や魚の目先を変えたい時などに有効かと思います。
また、季節が進めば地磯やゴロタ浜での良型アジやメバルの攻略にも有効ではないかいと思っています。

フィールド状況は、台風明け水潮の漁港内です。

台風の影響もあり漁港内に鰯の群れが押し込まれ、シーバスがその群れの下に潜んでいる状況でした。
0.5gのレベリングヘッドにタイラバトレーラー イワシにてスタート。
潮に乗せ誘いかけるとすぐにアジに出会えました。

レンジは変わりながらも同じパターンで各色(クロキン、ミドキン、ピンクシルバーフレーク)釣る事が出来ました。



もちろん、レギュラー色でも問題なく釣れます。

ただ、ワーム交換の際に、ワンポイントとしてレギュラー色にない濃い色目のワームを使って魚の目先を変える事も有効かと思います。

手軽に短時間でも楽しめるアジング。食べても美味しいアジを1匹でも多く釣るため、タイラバトレーラーを1つの武器として使ってみるのも良いかもしれません。
是非、機会あればお試し頂ければと思います。

タックルデータ
ロッド:X‐ARMATURA 弧丞
リール:レアニウム1000番
メインライン:よつあみ アンバーコード0.2号
リーダー:よつあみ GP‐Z 1.2号

藤野 貴至