『スーパースティックのネコリグオフセット』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『スーパースティックのネコリグオフセット』

『スーパースティックのネコリグオフセット』

海太郎フィールドモニター 藤野 貴至様 のレポートです。

季節が進み四国でも、アジ、アオリイカ、太刀魚、青物とショアからどんどん釣れてきています。
そんな中、足下に潜んでいる魚を探してみました。

根魚玉を使用し安定の釣果を得ることが出来ますが、今回はスーパースティックでのオフセットネコリグが効果的でしたので、ご紹介したいと思います。
オフセットネコリグはバスフィッシィングをされている方には馴染みがあるリグだと思います。

スーパースティックですが、ライトゲームをメインとされいる方にはサイズ感で使用を躊躇されるかもしれません。
ただ使用してみると柔軟で粘りがあるマテリアルにより非常に食い込みが良く、小型のシャッドテールでアピール力も申し分ありません。また、ボディー後方にウェイトがある為、ノーシンカーでも良く飛びます。
その性能がオフセットネコリグと非常に相性が良く、攻め切れなかった場所の攻略の手助けとなると思います。

私のネコリグオフセットのセッティングですが、フックはカルティバ マルチオフセットを使用しています。村上さんが監修された根魚玉にも使われているフックです。
この縦アイがオフセットネコリグには必須条件となります。
あと、フックコーティングがワームのマテリアルと相性が良く、ズレ防止にもなります。

写真で見て頂くと解りやすいと思いますが、アイにペグを差し込んでいます。身切れとズレ防止です。
私はペグにステンレス製の針金を使用しています。
慣れないとアイに通し辛いですが、慣れてくると感覚で通す事が出来ます。始めは、落ち着いた環境(自宅)でセッティングした方が良いと思います。

次にシンカーですが、水深、流れ、気象条件により使い分け、自分がストレスなく使えるウェートを選んで頂ければ良いと思います。
素材はタングステンをオススメします。
理由はボトムコンタクト音。
コンタクト音有る無しでは釣果にも繋がります。
音を出すためにシンカーのおしりの部分を1~2ミリ程ワームから出てる状態で使って下さい。

セッティング等少々手間は有りますが、今まで根掛かりで攻めきれないテトラ際などをアグレッシブに攻略出来ると思います。

最後に動かし方。
基本的にはリフト&フォールとボトムシェイクです。
バイトの殆どがフォールからの着底でした。
どんな動かし方をしてもリニアにボディーが反応するので自分の誘いを見つけるのも楽しいと思います。

普段通っている釣り場の足元に思わぬ大物が潜んでいるかもしれません。また、意外と遠投も出来ますので、根魚玉のフォローにも使えます。
是非、お試し頂ければと思います。

タックルデータ
ロッド:レガーメX‐ARMATURA烈煌
リール:レアニウム2000番
メインライン:よつあみ G‐soul Upgrad0.6号
リーダー:よつあみ GP‐Z 2.5号




藤野 貴至