『夏から初秋のネコスピンの使い方』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『夏から初秋のネコスピンの使い方』

『夏から初秋のネコスピンの使い方』

海太郎フィールドモニター 保田裕介様 のレポートです。

この間まで暑さに苦しめられていた季節もすぎ
めっきり涼しくなって、釣行しやすい季節になってきました。
どうも保田です!

ネコスピンで秋を楽しもうって事で思いついたのが河口でのシーバス チヌゲーム!

釣行前日に雨が降った事もあり、水量が増えささ濁りの状況。

ポイントに到着し、すぐさまネコスピンを流れ込みの流心にキャスト。
ただ巻きで表層を探るもバイトがなかったのでリフト&フォールに切り替え、再度同じポイントを探っているとフォール中にコツンとバイト、上がって来たのはシーバス!

雨で流されてきたベイトを待ち構えていたであろう個体にネコスピンのリフト&フォールが効いたようで、特にフォール時のブレードのフラッシングが流されてきたベイトを演出できていたように感じました。

その後はちっちゃなシーバスを追加するも反応が鈍くなったので
狙いを変え流れの緩くなったポイントを広範囲にネコスピンでサーチ。

ただ巻きでリトリーブスピードを変えながら表層から段々とレンジを下げていきます。
ですが、リトリーブスピードを遅くしすぎてネコスピンがウォブリングしなくならないように意識してリトリーブ。

手元にブルブルを感じながら中層付近を巻いているとヒット!

強烈な引きで楽しませてくれたのは良いサイズのチヌ!

見た目はエビなネコスピンですが、僕なりにネコスピン=ベイトフィッシュという考えで使用していたので雑食のチヌにはダブルで効果てきめんだったのでしょう(笑)

今回ナイトゲームでネコスピンを使用しましたが、手元にブルブルと振動しているのが伝わってくるためルアーがちゃんと仕事していることがイメージしやすく、初心者の方でも使いやすいアイテムだと思います。

気になった方はお店で探してみて下さい。
ネコスピンは『ちっさくても凄いヤツ』ですから。

使用タックル
ロッド・YBブルーカレント78M
リール・15ルビアス2510PE-H
ライン・PE0.8号
リーダー・FC12lb