『最近の釣果』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『最近の釣果』

『最近の釣果』

釣行日:2017年9月中旬

愛媛県の鈴木隆寿様より釣行記をいただきましたので、ご紹介いたします。

台風前の釣行です。
朝一はビビビマルチ 7g+キャラメルシャッド 5inchで手返しよく探っていると小さいですが元気なバスが相手してくれました。しばらくすると反応がなくなったので、別の川筋から流れが入ってくるポイントへ移動。水中には大きなストラクチャーが沈んでいて、餌となるギルや鮎などの小魚がよくたまるポイントです。この日はたまたま良いタイミングで入れたようで、そのストラクチャー周辺では頻繁にボイルが起こっていました。そこにワカペンをキャスト。いつもなら『チョピッ…チョピッ』とアクションをさせ、食わせどころでポーズを入れる釣り方が多い僕ですが、この日の当たりアクションは小刻みにロッドをゆすりながら早いスピードで水面を巻いてくるアクションでした。いつもと違いルアーを止めると見切ってしまうようで、食わす間をあたえないようにするとバスのスイッチが入る感じでした。


翌日の朝一はいつもとちがうリザーバーへ。何回かきたことがあるリザーバーですが初めてのポイントに入ったのと、増水で地形が全くわからなかったのでスピニング+PEラインのタックルでザリメタル 9gを遠投し、広範囲に地形を探っていると2回シャクリからのフォールで気持ちいいアタリがありました。しかし、その後はアタリがなくなったので昼からはホームのリザーバーへ。前回よりも少し減水していて普段降りることができない足場ができていて一段下に降りて釣りができました。水面が近くなっていたので遠投してもラインがたれることがなく、アタリがいつも以上に明確でした。ここで使用したのは久しぶりのジカリグ 14g+ビビビバグ 4inchのセッティング。自分の中で最も信頼できるセッティングの1つです。対岸にフルキャストし、ボトムの岩にジカリグのシンカーを当てて音を出し、見に来たバスをワームで食わすイメージでアクションさせます。その1投目でアタリがあり、長い距離のフッキングと取り込みでヒヤヒヤしましたが、何とかキャッチできたは46cmのよく太ったバスでした。