「夏から初秋のネコスピンの使い方」 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 「夏から初秋のネコスピンの使い方」

「夏から初秋のネコスピンの使い方」

海太郎フィールドモニター 杉田淳二様 のレポートです。

みなさん、こんにちは。この度新しく「海太郎フィールドモニター」になりました杉田です。読んでぜひ釣りに行きたくなるようなレポートをお送りしたいと思っています。ぜひよろしくお付き合いください。

さて、夏本番が過ぎて、朝晩が少しずつ涼しくなって来たこの時期、ルアーで狙える対象魚も増えて来て、「今日は何狙いで行こうか?」なんて贅沢な悩みが出てくる素敵な季節ですよね。青物にタチウオやサワラ、アオリイカもいいし、シーバス、アジやメバルも気になるし。欲張りな僕は時間に余裕のある時にはツータックル。一番多い組み合わせは、青物タックルとエギングタックル。朝まずめ狙いで早めに到着して、明けるまではエギ、明け出したら青物というパターン。そして、そんな時でもタックルボックスにそっと忍ばせておくと面白いのが「ネコスピン 5.5g」。本来はライトタックルで使いたいルアーだけど、5.5gもあるので、エギングタックルでも十分に楽しめるわけです。

PE0.6号にリーダーは7LB。飛距離は十分でもちろん、ネコスピン特有のブルブル感もバッチリ手元に伝わってくるのです。

2017年9月19日。大阪湾。当日は台風18号が通過して2日後であり、まだすっきりと濁りの取れていない状況。アオリイカの反応はなく、暗いうちのネコスピンにも反応なし。明けてからタチウオ、サゴシ、ハマチがボツボツと釣れていた状況。青物の反応が落ち着いたところで、ネコスピンを再度投入。ネコスピンをこれまでに使って来て、大きく分けて2つのアクションを試すようにしています。一つはもちろん、ただ巻き。なるべく同じレベルを引くことを意識して。そして、もう一つは、ハネエビのように数回ダートさせ、その後のフォールで食わせるパターン。ダートで魚にアピールして、寄って来たところでフォール、思わず食いつくというような。少し濁りの入った状況ではやはりダートの方が良かったよう。高活性とは言えない中でも、いつも裏切らないコイツ、ガシラが遊んでくれました。

ネコスピンでこのシーズンに狙える魚種はかなり豊富。まだまだいろんな釣り方を挑戦してみたいと思います。アジ、サバ、メバルはもちろん、チヌ(これまでも数度、惜しくもバラしてる)、カマス、タチウオ、アコウ。考えるだけでワクワクします。

それではみなさん、今度ともよろしくお付き合いください。