「夏から初秋のネコスピンの使い方」 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 「夏から初秋のネコスピンの使い方」

「夏から初秋のネコスピンの使い方」

海太郎フィールドモニター 村田勇様 のレポートです。

まだまだ暑い日が続いていますが、朝晩は肌寒さを感じる程の気温。季節の変わり目を感じますね。
さて、「夏から初秋のネコスピンの使い方」について自分なりの考えで書きたいと思います。

ロッドは6ft5inchのULパワー、ソリッドティップのレギュラーファースト調子で、リールは2000番にpe0.3、リーダー1号を使用しました。

ネコスピンは基本的にミドル~ボトムレンジで使用する事が多く、リフト&フォールやダートフォールやダートストップなど魚に強制的にスイッチを入れさせる要素が強い釣りを得意としていると思います。
それらの使用方も踏まえて、今回もう一つの課題を決めてやってみました。
秋ならではの水面下を攻める釣りと、視認できる深さでのサイトゲームに着目してエキサイティングなネコスピンゲーム。

先ずは湾奥エリアの船着場で、船の影に潜むスズキの幼魚(セイゴ)を狙いました。
潮の流れは穏やかですが、その中でも最も流れが効くエリアの潮裏に遊泳力の低いシラスや5ミリ程の稚魚が群れており、その近くの船の下やストラクチャーを攻めてみました。

船と船の間にキャストし、着水したら直ぐにリーリング。最初に2、3回アクションを入れ水を動かし、反対側を向いた魚や近くにいる魚にネコスピンの存在を知らせて、若干早めのただ巻きで誘うと、船の下から数匹のセイゴがチェイス。
リーリングにムラを出し、食わせの間を入れてヒット。

目測35㎝ぐらいで、タックル的に丁度良く楽しめるサイズでした。
魚が沢山いる内に1番頭側のアイに装着してブレードに反応しているのか試した所、鼻っ面ギリギリのチェイスはあるものの、なかなかバイトまでは至らず。
直ぐに真ん中のアイに戻しウォブリングさせると躊躇なくアタックしてきました。
カラーはレインボー。
かわいいサイズも顔を出してくれました。
ブレードが付いているのにスローに引いても立ち上がりが良く、ブルブルとウォブリングさせテールもしっかりと仕事する、ネコスピンだから成し得る技だと思います。
小さいルアーなのに一切の妥協はせず、精密な造りで、水を掴み易い形状、カラー、ブレード、にもこだわりが感じられる。使い手も本気で魚と向き合える良いルアーですね。
夜はスパテラ2.5inchを使ったウルトラライトゲーム。
ネコスピンと同じタックルで、リーダーを0.6号へ落とし、レベリングヘッド0.9gで豆アジと戯れてきました。
更に秋を意識したネコスピンゲームを休みの日に行うつもりでしたが、台風18号接近のため、次回にお預けとなりました。
 
タックルデータ
 
ロッド:シマノ ポイズングロリアス264uls-sソリッドマスターαスペック
リール:ダイワ ルビアス2004h
ライン:ダイワ 月下美人 月の響Ⅱ0.3号
リーダー:東レ プレミアム船ハリス1号
ルアー:issei海太郎 ネコスピン5.5g(レインボー)