海太郎釣行レポート『使いやすくなったネコメタル』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎釣行レポート『使いやすくなったネコメタル』

海太郎釣行レポート『使いやすくなったネコメタル』

昨年、フィールドスタッフだった、
佐賀県の多田勝様より釣行記をいただきましたので、ご紹介いたします。
一年間、お疲れ様でした。

皆さん夏満喫してますか?
様々な魚種と遊べるライトゲームな季節到来です。
今回のレポートは
新たに10gが加わり更に使いやすくなったネコメタルについて
僕なりの楽しみ方を書きます。

基本操作はジグヘッドと同じです。
しゃくるときのコツは
ティップのしなり、反発を使って跳ねあげるイメージで
大事なことはやさしくということ。
力強くやっても疲れるし、動きが大きすぎたりギクシャクしたりで
逆効果になることが多い。
ハイピッチでもスローピッチでもロングジャークでもショートジャークでも
ライトゲームはとにかくやさしく。
そしてたまに荒々しく。
大きな動きを出したいときはしっかりとロッドに力をためて
大きくゆっくりやさしく跳ねあげる。
小さく跳ねさせるときはためる力を抑えてしなりを小さくすると
スムーズにできます。

更に掘り下げていくと
リールを巻いたときのラインテンションで
ティップのしなりをコントロールしたり、支点をずらして力を抜いたりと
小技もありますが文章で伝えるのは難しいですね。
僕も完璧に出来ているわけではありませんが、
状況や気分での組み合わせが大切だと思います。

たまに荒々しく動かすとイレギュラーアクションになり
フラッシング効果もあり、気分転換もできてグッドです。
ロッドはしなるということ、
しなった分反発して収束するということを常に意識してます。

冒頭で書いた
基本操作はジグヘッドと同じということは
やさしく跳ねあげるということだけではありません。
少し重たいジグヘッドと思って接していくと
使いどころが見えてくると思います。

重たい分沈むのが早いですが飛距離が出ます。
釣りをするペースが早くなりますがその分手返しが早くなり
素早く広範囲を攻めることができます。
ラインテンションの強弱でフォールスピードは調整できます。

元々付いているアシストフックのティンセルでも足りるのですが、
追加でアシストフックを付けることで
更に水中姿勢を安定させることが可能です。
跳ねあげさせた後のロッドを使った横引きやテンションフォールや
ただ巻きで効果を発揮します。
根掛かりを気にされる方もいらっしゃると思いますが、
フックより先にネコメタルが着底するので回避はしやすいです。
ボディが根掛かったり、ボディとフックが同時に着底するような
根の荒い場所ではアシストフックを外すか着底させずに使います。
地形把握も早くできて次の作戦を組み立てやすいのも大きなメリットです。

ネコメタルに絞って釣りを展開することは楽しいですが勿体ない。
ただ使わないのはもっと勿体ない。
カラーラインナップも豊富です。
タックルケースにお気に入りの一本入れて出掛けてください。
楽しいですよ!

と、ここまでは基本的なこと
メタルジグだからとか
ライトジギングだからとか
構える必要はなく気楽に遊びましょう!と言う話。
ここからは水中でこう動いているだろうと言う僕の想像を含んだ話です。

トップヘビーとボトムヘビーの使い分けについて
詳しくはパッケージの裏面を。。。
ではなく、僕が実際にやっていることを紹介します。
基本的な考え方
トップヘビーはシャクって誘いフォールで喰わす
ボトムヘビーはフォールで魅せてシャクって掛ける
当然逆も成立しますがこれが基本イメージです。
使い分けの参考にしてください。
あとは飛距離を出して気持ち良くなりたい、
より遠くを攻めたいときはボトムヘビー
なにかしらの反応が欲しい、
ボトムねちねちやりたいときはトップヘビーなんて使い分けもありです。
大切なことは今自分がやりたいこと、感じたことを楽しめているかということ。
それっぽく書きましたがなんとなく、気分で、が正解かもしれません。

遡りますが、ジグヘッドの延長にあるネコメタルな話
水中姿勢の大切さ
トップヘビーは頭から沈んでバランスが崩れやすい。
ボトムヘビーはお尻から直線的に沈む。
ジグヘッドではない動きで当然強みでもある。
僕の場合
初期セッティングのアシストフックは動かさない
太い方に付けたまま使用する
細い方にはティンセルや鯖皮の付いたボリュームのある
アシストフックを付けてフォールスピードを調整する。
そうすることでテンションフォールやリトリーブや横引きで
水中姿勢が水平になり喰わせの演出に幅が出る
重たいジグヘッドのような使い方も可能になります。
かなりの想像が含まれていますが
喰わせるタイミングでの水中姿勢がとても重要だということ。
魚が襲いやすい水中姿勢があるということ。
これはメタルジグに限らずプラグやジグヘッドにも言えること。
ネコメタルで一通り遊んだらネコスピンやジグヘッドで
しっかりじっくりフォローしていく。
想像、妄想を釣果に変えていく作戦。組み立て方は自由です。

アシストフックで際立つ3g、5g、7gの存在感
ジグヘッドで攻めきれない飛距離、
ブルブルと震える振動が嫌われているとき
場合によってはスパテラやシルキーシャッドをつけて
少し重たいジグヘッドとして機能するネコメタル
レポートなんて書いている場合ではない!

楽しい季節の到来です。

《使用タックル》
●ライトゲーム①
ロッド:リアルクレセント 81LR
リール:インスパイラ2500
ライン:pe 0.6号
リーダー:フロロ 1.75号

●ライトゲーム②
ロッド:リアルクレセント 81LR
リール:ツインパワーC3000
ライン:pe 1.5号
リーダー:フロロ 3号