『南紀エリアへ鯛ラバ釣行』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『南紀エリアへ鯛ラバ釣行』

『南紀エリアへ鯛ラバ釣行』

和歌山の川口素直様より釣行記をいただきましたので、ご紹介いたします。

先日、初めて鯛ラバトレーラーを使用してみたので、釣果をご報告致します。

新しくリリースされたスパテラで、南紀エリアへ鯛ラバ釣行してきました。

南紀エリアは、狙う水深が30~100メートルと幅広いのですが、基本的にはディープエリアが中心の釣りとなります。

そうなってくると、同じ鯛ラバで繰り返しアプローチすることが多く、スパテラをトレーラーにして、ローテーションさせることで非常に有効なアクセントになります。

チョン掛けしたスパテラの絶妙な動きに加え、今回リリースされた鯛ラバトレーラーは、蟹エキスが配合されているため、集魚効果に長けており、シブい状況下でもそれなりにバイトに持ち込むことが可能です。

特にディープエリアにおいては、光が届かない状況下となるため、視覚以外でのアプローチが重要になってきます。

先日は水深100メートル前後でスパテラトレーラーをローテーションし、船内がシブい状況の中、ディープエリアの鯛をバイトに持ち込むことができました。

また、紀伊半島は岩礁地帯のため、根魚の魚影が濃く、鯛以外でも甲殻類を好んで捕食する根魚に対しても、鯛ラバトレーラーを使用することは非常に有効になります。

通常のスパテラでも、グローカラーがあるので、ディープエリアを狙う際のローテーションに加えても面白いです。

そんな感じで、スパテラをカラーローテーションし、鯛・アオハタ・アカハタ・アヤメカサゴとそれなりに釣果が出せた釣行となりました。

バスタックルでも楽しめるので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。