『マサウオとビビビボムでのカバー打ちにて』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『マサウオとビビビボムでのカバー打ちにて』

『マサウオとビビビボムでのカバー打ちにて』

愛媛県のブキオ様より釣行記をいただきましたので、ご紹介致します。
春のように暖かい日もあれば冬に逆戻りしたような寒い日もある、まさに三寒四温な季節です。
先日の釣行では暖かい雨が降った翌日に野池へ。
フィールドは強風のため荒れ気味。風裏のポイントに入り水中の沈み者にコンタクトする魚をマサウオで狙いました。


マサウオを使用する時はただ巻きが多いですが、トゥイッチを入れたり瞬間的に早く巻いたりしています。
またフック部分のスリットにはまめパーツを隠せているかチェックします。気分の問題なんですが、隠した瞬間「絶対釣れるやろ(笑)」と毎回思えてしまい、リトリーブやアクションから雑さが抜ける気がしています。

別な日は小一時間ほど野池へ。この日はビビビボム5g+ビビビバグ3.2インチでのカバー打ち。

ビビビボムはフットボール形状のためフォール姿勢が良く、またスモラバ的に中層シェイクでも誘えるのが魅力です。

さて3月がスタートしていよいよって感じですね。
忙しくなりそうです!