『しまなみ海道』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『しまなみ海道』

福山市の池雅史様より釣行記をいただきましたのでご紹介いたします。

 
この日は大潮後の中潮と言う事もあり、仕事終わり
にしまなみ海道へ渡って来ました。
ですが、他の方からは僕が行こうと思っている場所は「数日前、まだ居着きの小メバルしか釣れなかった。まだ早いみたい」
と、聞かされていました。
しかし、話しを聞いてみると、プラグのトップ、
ジグ単のただ巻きしかしていない様子。
例年僕はいい思いをしてる場所なので
これはひょっとしたら?
で、行ってみる事に。
正直小メバルでもその日は良かったんです。
僕は、そこから釣りしながら見えるしまなみ海道の夜景が好きなので、好んで行く場所だからです。
釣り開始時点では干潮から少し満ち出した位でした。潮が効き初め激流になり始めた所です。
沖はもう釣りが成り立ちそうにありません……
ので、足元から約10数メートル位に的を絞り
その範囲にある淀みを狙ってみる事に。
まず、流れが早いので3㌘のハネエビヘッドにチャートの僕のテッパンの組み合わせをキャスト
しかし、軽い当たりはあるもののノらない…
そんなじれったい釣りをしていると
少し流れが緩んだ時にちらほらボイルが始まりました!
そこで1㌘のスパテラを通して見ると……
コツっと小さな当たりが!
やっぱり表層付近なのかな?
が、前評判通り小さい…(^^;
可愛い過ぎるので写真も撮らず即リリースです(笑)
そこでマイクロハネエビで同じ位の層をダートで
狙ってみる事に。すると、「ゴン!」と、
先程とは明らかに違ういい当たりが!
デカ!……とまでは行きませんでしたがアベレージはあるメバルにサイズアップ!(^^)
やはり、ただ巻きで釣れなくてもハネエビ系に口を使う魚は居る!と確信しました!
ここで潮も緩み、いい感じの潮になって来たので
底付近では当たらない日だったので
ヘッドを2㌘、カラーをクリアー系へチェンジして
再度同じ場所を通してみました。
マイクロより少し下のレンジをアクション入れるタイミングを2カウントしてまたアクション…
位のイメージで。
すると、1投目から「ガツンッ!」と、明らかに
良型メバルの当たり!
やっぱり居た!!
っと思いながら慎重にファイト♪
26オーバーのナイスメバルでした♪(*^^*)

昔地元のある有名な方が瀬戸内の25㎝のメバルは他の海の尺メバルの価値に等しいと言っておられました(^O^)
この日はカラーはクリアー系全般良かったです!
そして、マイクロ、2㌘ヘッド3㌘ヘッドそれぞれで同じハネエビ系でもその日その日で
きっちり使い分けると違いが出るなと改めて痛感しました。
もうここからは入れ食い状態です♪(^^)
がっ!しかし翌日も仕事で…(._.)
泣く泣く…
帰りたくないッ!
まだ釣れるのにな~って心で思いながら
急いで帰路に着きました(笑)
本当に時間なかったので一匹一匹サイズ測る余裕なく集合写真です(^.^)
写真後、2匹だけキープとし、後はリリースしました♪(*^-^*)