『しまなみ街道で真鯛GET!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『しまなみ街道で真鯛GET!』

『しまなみ街道で真鯛GET!』

池 雅史様より釣行記をいただきましたのでご紹介いたします。

先日しまなみ海道を渡って来ました。
この日は遊んでくれる魚なら魚種問わずと出掛けました。
まず入ったのはとある漁港いつもなら必ずと言う位
先行者の方がいて入れないメジャースポットです。
運よく堤防の先端に入れたので
釣行開始です!
言わずとしれた、激流がしまなみ海道ですが
ここは、堤防外面はタイミング悪い時に入ると
超が付くほどの潮流(–;)
が、この日は少し緩く、僕の好きな感じの潮の淀み方、これなら、メバル入っていてもおかしくない!
そう思いハネエビをキャスト。
少しアップ気味にキャストして流し…
渦巻いてるポイントの少し手前からアクションスタートさせます。
流れの早さに乗せての時のアクションと渦の際から中のアクションだと、ハネエビの伝わる重さが
明らかに変わります。
渦の中はぶつかった潮が舞い上がる様になるので、フォールが大分ゆっくりになります。
それを利用しながら渦の中でゆっくり見せて飛び出る位の辺りでアクションそして渦を出て急激にフォール!
すると、「ゴンッ!」と、明確な当たり!
大きいとは言えませんが釣れ方は納得のメバルです(^^)

これが金太郎アメになったんで、ポイント移動
そこでは碧LVにエステルのタックルで挑みました
ルアーはマイクロハネエビです!
あまり潮流のない場所です。
釣りはしやすい!
が、僕的には的を絞りにくい(*_*;
ので、明暗の際、そこに少しでも流れの変化がありそうなところを探しながらキャスト!
マイクロハネエビをしっかり底まで落とし、ゆっくり丁寧にワンアクション、ワンアクション∞一回で底に着く程度の操作に今回の真鯛は食って来ました!

エステルライン0.3号だったのでドラグ出っ放しでしたが、碧LVの胴のしっかりしているお陰で
ゆっくりいなしながらも取り込む事が出来ました♪
活性は高くなさそうでしたがしっかり吸い込んでました♪
マイクロハネエビがマッチザベイトだったのでしょう。
最近よく僕の地元のメバリングしている方でも
真鯛を釣った事が無い!
と言う声を聞きます。
ネコメタル、ネコスピン、ハネエビ、メバルのヘビキャロ等々(基本カラーはピンク)で釣れます!
根魚玉のスイミングも良さそうですね♪
水質のいい、潮通しのいいシャローの砂底にチヌの魚影が群れで見えたら季節的に案外真鯛も同じ様な場所に居たりします。
意外と身近なポイントに居るんです(^^)
僕が見た訳では無いのですが、背ビレが出る程のシャローまで上がると聞いた事もあります。
少しでもご参考になれば幸いです。