『短時間勝負』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『短時間勝負』

『短時間勝負』

釣行日:2016年11月
愛媛県の鈴木隆寿様から釣行レポートをいただきましたので、ご紹介致します

この日は昼からの短時間勝負でした。まずリザーバーの本湖エリアに入りましたが、魚の反応が全くなかったので、帰り道にある川に寄ってみました。
この川は本流と反転流がはっきりと分かれています。
まず実績のある(スーパースティック 3.5gライトテキサス)から始めました。対岸の反転流にキャストし、手前のラインが本流の流れを受けないように竿を立てた状態でアクションさせながらボトムまで沈めていきます。この釣り方で30後半のバスがサクサクっと相手してくれました。
その後も同じセッティングでキャストを続けますが反応がなくなったので、(キャラメルシャッド 1.8gネイルリグ)にチェンジ。この日はオリジナルのキャラメルシャッドとトレーラーアッセンブル仕様のキャラメルシャッドを持って行っていたので、まずはトレーラーアッセンブル仕様の方から始めました。対岸にキャストし、中層まで沈めてからゆっくり巻いてきます。キャラメルシャッドのボディのボリュームと、テールの水噛み感で水中の反転流と本流の境目がロッドを通じて手元にしっかりと伝わります。この日のアタリは、反転流から本流にワームが飛び出すぐらいのところでありました。
キャラメルシャッドにかえて1本目は40cm、2本目は47cmでした。ワームのちがいでサイズが上がったのかどうかはわかりませんが、結果的に最後に良い魚がとれて良かったです。
これからどんどん寒くなりますが冬の釣りも楽しみたいと思います!
01
02
03
04