『良型アジを求めて!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『良型アジを求めて!!』

『良型アジを求めて!!』

松山市の“TANO”様より釣行記をいただきましたのでご紹介いたします。

前回釣行時よりも季節は進み、各港には多くの釣り人が竿を出しています(^_^;)

アジングのシーズン真っ只中という事もありますが餌釣りの方も多く、なかなかポイントを確保するのも苦労します。

満月周りの月明かりの効いてる時には、ベイトもアジの群れも移動が早く漁港の灯が生きてこないので、夕まずめなどの暗くなり始めや、曇りなどの月明かりが関わらないタイミングを狙っての釣行しています。もちろん、月明かりがあるから絶対釣れないという事はありませんが、私の経験上では厳しい事が多かったです(^_^;)
今回は、やや月が大きくでている中潮での挑戦でした。
釣り場の漁港に薄暗くなる前に到着し、アジが回って来るであろうと思われるポイントに入りました。

若干の風があるものの、釣りはしやすい感じです。
タックルは、碧のレベリングに1000番リールにエステルライン0.25号+リーダー3lbです。レベリングベッド1.25gにシルキーシャッド(カブラ、活エビ、クリアレインボーなど)

まだ辺りは明るいですが釣り開始。
スタートは、スパテラのカブラカラーからスタート。
漁港の角の潮があたるポイントからスタートしました。高角にキャストしてアジの反応を見ましたが、反応もなく。。

カラーをクリアレインボーに変えてみました。
やがて日没を迎え、魚の動きに期待していると、やっとヒット

image1

狙っていた良型アジではありませんが、やっと出た魚に一安心です(^_^;)

image2

またヒットしましたが、サイズが伸びません‥⤵︎この群れしかいないのでしょうか‥
今回は、月夜周りでの自分の鉄板のワームのカラーから、変えたりしてみたのですが、クリア系には良く反応していました。

image3

しばらくすると、雨が降り出しレインウエアを着用していてもなかり釣りが厳しい感じになりだしたので、ここで終了となりました。

今までは、月夜周りではシルエットが出やすい様に、カラーの濃いワームに反応が良かったのですが、この日は、月夜→雲混じり→雨となり、クリアレインボー系に良く反応しました。
天候や月の明かりで反応が異なり、良い経験になりました。
この日の釣行では、狙っていた良型のアジは釣ることは出来ませんでしたが、また次回に持ち越しとなりました。