”リベンジのチヌゲーム” | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎新着情報 > ”リベンジのチヌゲーム”

”リベンジのチヌゲーム”

愛媛県の“TANO”様より、レポートをいただきましたので、ご紹介いたします。

前回釣行でチヌゲームで失敗に終わった河川にリベンジに行ってきました。

フィールドに到着したのは昼過ぎの干潮前のタイミングです。

ここ最近は、朝マズメのタイミングを狙っていたのですが、少し変えてみようと思い、

出かけました。

河口部ではありますが、干潮のため川幅は狭くなり、満潮時には分からない

ブレイクラインが手前に見え、

そこをベイト(魚種は不明)がたくさん行き来しているのが見えます。

そして、そのベイトを浅瀬でフィッシュイーターが追い込む感じもあり、

なにやら期待出来そうな雰囲気です。

タックルは、エギングロッドに2500番のリール、ラインPE0.6+フロロ20lbです。

バランス悪そうな感じですが、

リーダーをフロロ20lbにする事で、前回痛い目にあったダツの鋭い歯から逃れたり、

伸びの少ないフロロでしっかりフッキングさせてやろうと思いやってみました。

まず、ワカペンをキャストしチヌに見切られない様に小刻みに動かし、

時々、ほんの一瞬の喰わせの間を入れながら魚を誘います。

ブレイクラインとシャローエリアの境目付近を意識して誘っているとヒット!

しかし、すぐにフックアウト‥。

正体はダツでした(^_^;)

このあとしばらくダツの猛攻を交わしながら川に架かる橋の影と

橋ゲタにできる流れの反転流をワカペンを通すと、魚が出ました!

が、魚が捕食ミスした感じで喰いませんでした。

すぐに、同じポイントを通しさっきより少し小刻みに動かしていると、ワカペンが水中に消えました!

魚の重みを感じて合わせて、ランディングをしていたのですが‥。あと数メートルのところでフックアウト‥(ToT)

正体は推定60㎝のシーバスでした‥。

このあとは、シーバスのアタリもダツのアタリも遠のき、またシャローとブレイクが絡むエリアを攻めることに。

満ち潮のタイミングなので、さっきより水位が増しています。遠投してワカペンを引いてくると、

チヌのチェイス!そして、ジュポン!チヌがワカペンに襲いかかります!あとは、

フッキング‥と、思っていると、、フッキングミス‥。やってしまった‥。

このあと、少し移動しながら見ていると、シャローに数匹のチヌがいます。

ワカペンをキャストしようかと思いましたが、ここで、作戦を変更。

ワカペンからポッパーワームにルアーチェンジして、チヌから遠くにキャストして、徐々にチヌに近づける作戦。

ポッパーワームのポップ音を聞き、チヌが近づきそのままポッパーワームを喰い反転したので、すかさずフッキング!

強烈な引き!サイズも良い魚!逃すまいと必死にバトルしながら岸に寄せ、ゲット!!

2016.0824-01

ポッパーワームのカラーはギンバグ。

2016.0824-02

ズッシリと重い、グッドサイズなチヌ

ワカペンとは異なるシルエットと動き、ポッパーワームにしか出せない、艶かしい動きでゲットできた一本でした。

サイトで、チヌを狙うならポッパーワームは強い味方です(^^)

ラインが動いたのですかさずフッキング!