”夏メッキ到来” | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ釣行記 > ”夏メッキ到来”

三重県の森崇行様よりレポートを頂きましたので紹介いたします。

夏の三重県、ライトソルトゲーム開幕!?

こんにちは。
issei海太郎フィールドスタッフの森です。
「夏と言えば」のターゲット、メッキ。
今年も三重県南伊勢エリアで釣れ始めました。
梅雨も明け、夏本番と言う事で、日中の暑い時間帯を避け、
明け方や夕方からの比較的涼しい時間に短時間でも岸釣り
デイゲームで手軽に遊べる毎年人気ターゲットですね。
今回のレポートは、ハネエビ、マイクロハネエビを使った
マイクロワインドゲームを簡単に紹介させて頂きます。

現在発売中のハネエビは、、、
ハネエビ専用ジグヘッドは、2gと3g。ワームは、各共通の1.5インチ。
マイクロハネエビ専用ジグヘッドは、1.25g。ワームは、専用の1インチ。
となっています。
(ハネエビの製品情報ページはこちら)

釣り場の水深はもちろんですが、僕は、ジグヘッドの重さの違いによる動きの
キレ(スピード)の違いでの魚の反応に合わせ、ジグヘッドの重さを選択しています。
ワームカラーに関しては、ついつい好みのカラーに片寄ってしまいがちですが、
ハネエビのカラーで釣れないカラーは無いので、メッキゲームに関しては、
あまり意識しなくても大丈夫です。
大切なのは、きちんとダートさせる事が出来る様、
ワームとジグヘッドをキッチリとセッティングする事。
また、村上さん出演の動画などでも度々紹介されている、
あらかじめワームとジグヘッドを接着しておく「瞬間接着剤チューン」は真似して損はありません。
ハネエビのアクションが安定するのはもちろん、
ショートバイトによってワームがズレてしまう事が無いので、
何度も追い食いさせてヒットに持ち込む事が可能になります。
また、水の抵抗によってワームズレてしまう事も防止できます。
ワームがズレると、まったくダートしなくなってしまうので注意が必要ですが
、接着していなくても、常にきちんとセット出来ていれば魚は釣れます。
ハネエビを始めて使う場合など、多少の慣れは必要ですが、慣れてしまえばアクションは簡単です。
ハネエビもマイクロハネエビも、ラインスラッグを上手く利用して数回ハネエビをダートさせフォールさせるか、
連続ダートによる同一レンジトレースを基本アクションとしています。
水深の浅いポイントや、表層付近をトレースする場合など、
後者がかなり有効なテクニックとなるので、何度も練習して是非マスターして下さい。
メッキの他に、セイゴやチヌ・キビレなどのゲストも釣れて来る事も多いので、
魚の反応を見ながら色々なアクションを試してみると面白いと思います。
01

02
そして、さらに!

三重県尾鷲エリアの日中のライトソルトゲームでは、
ハネエビによる岸釣りライトロックフィッシュゲームも開幕です。
キジハタ、マハタ、オオモンハタ、アオハタ、アカハタ、ガシラ、青物、、、などなど。
03
04
尾鷲エリアもこれからのシーズン、暑い夏をさらに熱くする人気ターゲットがたくさん生息しています。
どのターゲットもサイズはまだまだこれからと言うところですが、
今から秋まで、三重県各地でそれぞれの釣りを楽しめます。

05
06
去年の三重県と言えば、各地でメッキゲームが好釣で、
アタリ年と言わるほどでしたが、今年はどうなるか楽しみです。
ライフジャケットなどの安全装備はもちろん、熱中症や虫避け対策もしかっりと、
issei海太郎ハネエビで、これからの夏のライトソルトゲームを楽しみましょう!

次回は、、、
こちらもデイゲームでもグイグイ釣果が出始めてている、三重県のアジング事情をレポートします。

実は、、、釣れています。

最後までお読み頂きありがとうございました。
(画像は釣果の一部です)