ユーザー釣行記 by 長谷部 様 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > スタッフブログ > ユーザー釣行記 by 長谷部 様

ユーザー釣行記 by 長谷部 様

ビビビット…ビビビット…ビビビット…

と言うチョコレートのCMが頭から離れずにいる今日この頃、広島県在住の長谷部 様より釣行レポートが届いたのでご紹介させていただきます。
今回のメイン使用ルアーは【ビビビショット】、ダムでのボート釣行だそうです。
それではご覧ください↓

ついに一誠さんから待望のスモラバが登場したので、“ハ…”でなく“ビビビッ”としにダムへボート釣行へ!

通常、一般的なスモラバはヘッドの形状が丸形(ラウンド)なので、フォールの際真っ直ぐ落ちてラインが水を強く切ってしまいます。
気になるときは凄くそれが気になります。
【ビビビショット】の場合はフォールの際にスライドするのでラインが強く水を切らない。
そして遠くに投げてアクションさせたときにもヘッド形状とアイの位置により、ボトムで針が少し上に持ち上がっている姿勢になっているの、でアクションしたときにキレの良い跳ね上がりが生まれます。

釣行日は前日に雨がかなり降りましたが濁りはまだ入っていない状態で、いつのもような水質(クリア、水深5㍍ぐらい見えました)

しかし朝は魚の反応はなく完全な居留守状態(絶対ダムの中にバス達いるのに(笑))

巻いてもダメ ライトリグもダメ そして伝家の宝刀《必殺フワ釣り》もダメでした~
魚は何処へ……

ここのダムはエビ系よりストレート系のワームがの方が反応が良く【ビビビショット】に【スパテラ4インチ】を付けることにしました。

立木、岩盤がからむ張り出しの少し沖に投げラインを出してフォールさせ1シェイクしたときスーっと持っていくデカイやつ特有のアタリ…
よしっ、キター!!
と、合わせたけどフッキングしませんでした(シッポしか噛んでなかったのかな~)

でも初めての生命反応、このコンビならいける!!と思い、似たような景色を探してアプローチしました。

立木、岩盤がからむ張り出しのにキャスト、ラインを出しラインを張った瞬間!!
またしてもスーっと持っていくアタリ、今度は獲る♪

フッキングと同時にドラグ音が“ジリッ”。
バスとの戦いが開始★

フッキングした瞬間からドラグが「ジージージージー」止まりません(笑)
「勘弁してくれー」と思いながらも、立木に巻かれないようにロッド操作、エレキの操作でなんとかオープンウォーターへ誘導。
そしてバスをボートに引き寄せて無事にキャッチ♪★

ちょっと痩せてたけど50㌢ジャストサイズが釣れました。

このあとサイズは落ちましたが【ビビビショット】&【スパテラ】で数本釣りました。

日付:10月6日
水温:22℃
場所:弥栄ダム

PS. ちなみにこのエリアは立木が多いのに高弾性ワイヤーガードのおかげで根掛かりがは無かったです。

だそうです。
長谷部 様、ありがとうございます!!
そんな感じでより“ビビビット”が頭から離れなくなりました。