『夜のボートアコウゲーム』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 『夜のボートアコウゲーム』

『夜のボートアコウゲーム』

フィールドスタッフの、いそのゆうき様よりレポートを頂きましたので、ご紹介いたします。

海太郎フィールドスタッフの、いそのゆうきです。
近年、自分のメインフィールドでもある大阪湾で人気を博している
ボートアコウ(キジハタ)ゲーム。
自分もその魅力に取りつかれ、昨年から何度かチャレンジしている中で、
感じたことや現在の頭の中にある考えを実釣レポートと交えて紹介していきます!

まず、メインに使用するアイテムはパラグラブとビビビバグ3.2インチ。
ポイントとしてはロックエリアの
岸際水深1m~ボートポジション10mまでのかけ下がりを
10g前後のテキサスリグで狙っていくのが基本となります。

これをふまえた上で準備していくんですが、、、
まず僕はワームに匂いと味を付けます。
たぶん効いてると思います……たぶん(笑)

粉状の物や液体タイプの物、色んなフォーミュラがあると思うんですが、
僕は液体タイプのフォーミュラに一週間程漬け込んでいます。
01

次に気にしているのが仕掛けです。
テキサス、ジグヘッド、ヘビダン、ショートキャロ、、、
色んな仕掛けを試してきた中で、自分は現在、
ビーンズシンカーを使ったテキサスリグに落ち着きました。

02

根がかりの少なさ、アクションレスポンス、フォール時の姿勢、着底時の音、
フッキングの良さ、を考えた時、一番合理的だったのがそれでした。

具体的に何が良いのかというと、通常のバレットシンカーを使った
テキサスリグと比較した時、シンカーの落ち方がビーンズシンカーのほうが
”おいしい”んです。
アコウに限らずなんですが、魚ってシンカーがボトムに当たった時の”音”に反応すると僕は思っています。
バレットシンカーの場合、”シンカー”のフォール姿勢が横向き気味に落ちていって、
ボトムに”面”で当たります。
それに対してビーンズシンカーのフォール姿勢は、
構造的に一番重い部分を下にして真っ直ぐ落ちていき、ボトムに”点”で当たります。
その”点”で当たる時の音が、僕の中では”おいしい”んです。

じゃあヘビダンならいけるんじゃないのってなるんですが、
ヘビダンは着底後にオモリからワームまでのリーダー分、
ノーシンカー状態になって一瞬ワームがゆっくり漂う、
この間で魚に見切られてる感じがします。
もちろんそれが効くこともあると思うんですが、アコウの場合、素早く落として
ワームをすぐに岩陰に隠したほうがより自然で騙せてるように感じます。
次にジグヘッドですが、ジグヘッドは針が剥き出しな事が
メリットにもデメリットにもなります。

当たり前ですが、フックポイントが外に出ている分、魚は掛かりやすいし、
根がかりもしやすいです。
ですが、根がかり以外に特に目立ったデメリットもないと思うので、
場所を選べば、一つの武器になると思います。

03

あと、オモリをタングステンにするか鉛にするかでも何か違いがでるかもしれないんですが、、、
それまで考え出したら現場で頭がオーバーヒートして釣りに集中できないんで、今のところ、そこは無視しています。
どっちがいいか知っている方は僕にだけこっそり教えてください(笑)

そして最後にもう一工夫が、アコウ釣りをしていると、
喰ってるのにフッキングしても乗らないことが多発します。
完全に口の中に入れてモグモグしているのに合わせたら乗らない。
この事をアコウをよく理解している人に聞くと、アコウは神経質で、
喰っても違和感を感じたらすぐに吐き出すっていうんですね。
それで、その人にヒントをもらって僕が実践しているのが、ラトルを入れることです。
何を模しているかというと、この時期のアコウのメインベイトであるカニ。
アコウがカニを食べた時、カニの甲羅が”ガシャッ”っと潰れる音を演出したく、
実践しています。

04

最初に言った、ワームに味と匂いを付ける理由の半分も、
バイト時に少しでも口の中にワームを留まらせたい思いでやっています。

あとはフックですが、色々試しましたが、
今は、太過ぎず細過ぎず多少無茶しても曲がらずにサクッと刺さってくれる、
カルティバ マルチオフセットに落ち着いています。(パラグラブなら#1)

05

こんな事を考えながら、先日、
最近仲良くしてもらっているisseiフィールドスタッフの西川さんをお誘いして、
チャーター船sea magicalさんでアコウを狙ってきました!

この日は風が強く、投げる方向が限定され、丁寧に糸をさばいてやらないと釣りがし辛い状況だったんですが、
2人で楽しく、満足のいく釣果をあげることができました(^^)

自分のタックルはヘビーアクションベイトロッド(疾風72W)にフロロ14ポンドで10gのビフテキ。
西川さんはベイトフィネス(ドットスリー)にフロロ8ポンドで7gジグヘッドをメインに使用していきました。

誘い方としては、着底から2回アクションさせてフォール、
着底後2、3秒止めてまたアクション。が基本となります。
カニが泳ぎ出して隠れて、泳ぎ出して隠れて、を繰り返しているイメージです。
アクション後のポーズが短いように感じますが、ブラックバスのように長く見せて喰わすというよりも、
2秒止めて喰わないようなヤツは無視し、どんどんワームの位置をずらしていって、
目の前にワームが来た瞬間バイトしてくるような高活性でスレていない個体を探していったほうが
手っ取り早く、能率的だという考えです。

いつもすっぽ抜けの多い釣りですが、この日はラトル効果か?
アタッた分はほぼフッキングに成功しました♪

06

07

08

09

西川さんもジグヘッドを根がかりしない様にうまく操って、
オートマチックに魚を掛けていってはりました(^^)

10

11

12

ビビビバグとパラグラブを気分でローテーションしていきましたが、
どちらも満遍なくアタりがあり、この日は特に差はでなかったですね~。

13

結局二人とも4、5匹ずつ釣れました♪
(小さいサイズは即リリース)

14

最大サイズは49cm!
ただ釣ったのは操船しながらちょろっと竿を出していたキャプテンでした(笑)
さすがっすわm(__)m

以上!こんな感じで皆さんも最高におもしろい
アコウゲームに挑戦してみてください(^^)
狙って行けるなら、潮がよく動く日のほうが釣りやすいですよ~。
では!

15