新手(新技)スパテラdeマダイ、アコウ&メバル ゲーム!! | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 新手(新技)スパテラdeマダイ、アコウ&メバル ゲーム!!

新手(新技)スパテラdeマダイ、アコウ&メバル ゲーム!!

またまた、フィールドスタッフの和田広輝様よりレポートをいただきました。

 

GW しまなみ釣行‼️

みなさんこんにちは。
ようやく気温が安定した季節になりましたね。

相変わらず釣りは行き続けております(笑)
この間のGWは しまなみへ帰省しておりました。各、島々によって狙う魚種が違うエリア。潮の流れも速い激流ならぬ濁流のフィールドばかりです。
まず、初日の夜はマダイ&アコウに狙いを定めていざポイントへ。沖に平行した防波堤に常夜灯がひとつ。横手にはサーフが広がり波止場の先端から潮の流れで削られたようなカケ上がりになっている。いわばシャローサーフとシモリや岩礁のディープが隣接しているエリア。そのカケ上がりに魚が潜んでいるとのこと。潮の流れが速すぎるので キャロリグをセットしスパテラをバックドリフトで流しました。
流れが左から右、右から左へと可変する中、リグがなかなか馴染まなかったですが、ナチュラルに流していくことを意識しラインメンディング。魚が捕食する食卓に到達すると明確なアタりに気持ちの良いバイト(笑)

image1

image2
40㎝ ナイスなアコウをGET‼️
自分のリグに相手してくれました。

マダイは釣れませんでしたが、友人はパターンにハメこみ良型マダイをキャッチしておりました。

image3

これで初日は終了。と、言うか初日から幸先良すぎました(笑)

そして、2日目&3日目は立っていられるのもやっとこせの爆風でした。

ちょっとでも影響のない風裏を探してポイント探し。狙うはデカメバル。エリアは初日と違うなれど、またまたサーフエリアをサーチ。
キャロとフロートの両刀セットで、いざ‼️

何故サーフエリアばっかり狙うのかって??

後に答えがわかります(笑)

潮の流れに身を任せスローリトリーブしたり小刻みにアクションを加えたりすると、、

image4

image5

良型メバルが爆釣‼️

おまけに、、、

image6

image7

29.5㎝の泣き尺も出ました(笑)

さて、答えです。

image8
釣れた魚を活かしていると吐き出したのはイカナゴ。

image9

このイカナゴを追いかけて捕食しているのであれば尾が傷ついたり痕跡が残りますが、イカナゴの前頭部が傷ついていることも多々あり、サーフで砂に潜り頭を出して寝ているイカナゴをほじくりに来ている?様子だったのでサーフエリアに的を絞りました。

image10

カラーにも悩むことなく、、、

image11

まさにマッチ・ザ・ベイトでした。