今回はちょっと工夫!ハネエビスプリットショット・ザリメタル6g他で爆釣 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 今回はちょっと工夫!ハネエビスプリットショット・ザリメタル6g他で爆釣

今回はちょっと工夫!ハネエビスプリットショット・ザリメタル6g他で爆釣

広島県の中村 拓水様より釣行記をいただきました。

11月12月と非常に多忙で休日もままならない状態でしたが、
毎年恒例の年末釣り納めだけは何とか参加すべく時間を確保しました^^;

今回向かったのは広島-山口エリアではかなり有名なポイントで、
アジの絶対数も相当数居り、水深は深いところでは約20mに
達するほどのディープレンジがあり、
潮の流れもかなり速い場所となります。

ポイントに到着してすぐはまだ明るかったのですが、
スプリットリグで湾内側のボトムをゆっくり誘うと
いきなり反応がありました^^
満潮時で約10mの水深のポイントです。

ファーストフィッシュは27cmの良型。
ルアーは自分の中で鉄板の組み合わせとなる
スパテラ2inc(活エビ)+1gレベリングヘッドのスプリット。
スプリットで用いるシンカーは潮の流れや水深によって
変えていきますが、今回は大潮直後の中潮で潮流も
かなり速かったので6Bをメインで使用しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらくはこの組み合わせで同型が釣れ続けましたが、
潮止まり以降アタリが遠のいた為、様々なリグを試してみました。

まずは潮止まり時の定番となるカサゴ狙いで
ロングロッド×ハネエビの組み合わせで広範囲にサーチをかけます。
すると速効で良型のカサゴが反応(笑)
溜まっていたのか、同じリグとメソッドで同サイズのカサゴが連発します^^



中には良型のメバルも混じりましたが、
時期的に抱卵個体が目立ったので、
カサゴも含めてほとんどをリリースしました。

その次に試したのがザリメタル6g。
本来バス用のルアーではありますが、
6gならライトSWに使えると思い導入しました。

結果、サイズはともかくアジにメバルにカサゴが
面白いように反応し、連発(笑)ポイント自体の魚影の濃さもありますが、
メタルバイブが非常に強いシチュエーションを久しぶりに味わいました^^b

アクションは定番のリフト&フォールではなく、ボトムのポンプリトリーブ。
基本このポイントは泥質だったので根掛りを
恐れずアグレッシブに釣っていました。
※我を忘れて釣っていた為写真を撮り忘れました。。。

が、20匹掛けたくらいの所で根掛りでロストし、
その後は他社製のメタルバイブを使用しましたが、
さっきまでが嘘の様に反応が薄く、ポツリポツリ…。
特にアジからの反応は皆無となりました。

これは仮説となりますが、何も考えずに
「タイトアクション」設定の穴にスナップを通して
使っていたのが良かったのかもしれません。
他社メーカーのメタルバイブは比較的アクションが
派手なものだったので差異があったとすれば
一番は動きの違いだったのでは?と考えています。
これ以降は検証しようにもザリメタルが
殉職してしまったので出来ませんでした…>_<;

そしてワーム以外で試したのがネコメタル7g。
自分はラインナップの中でも7gをメインで使います。
特にイワシなどの魚を偏食している群れにはこのシルエットがテキメンで、
かなりの数を稼げます。
今回のアジにはザリメタル程の反応は無かったものの、
ネコメタルのフックにスパテラを刺し、
マイクロインチクとして使用しました(笑)

その後はサイズが出なかったものの、鉄板である
スパテラのスプリットリグで数を稼ぎ、普段あまり
使わないチャートカラーなどを多用して正月に
食べるには十分な量の魚を確保しました^^b

今回はモニタリングアイテムのスパテラのみならず、
一誠製品で遊び倒す事が出来、暫く釣りに
行けなかった鬱憤を存分に晴らせた最高の
釣り納めとなりました^^b

次回は引き続きモニタリングアイテムのスパテラを
使用しつつも、ザリメタルの可能性を探って行きたいと
思います^^v