『海太郎で釣ったろう会』in大阪湾 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『海太郎で釣ったろう会』in大阪湾

『海太郎で釣ったろう会』in大阪湾

海太郎モニターのイソノユウキです。

先日、僕のホームでもある大阪湾にて”海太郎で釣ったろう会”が開催されましたので、その時の様子をレポートします!

今回は堺市にあるフィッシングガイドサービスSea magicalさんにご協力頂きました。

当時の魚の状況はというと、メバルがシーズンイン直後、アジが尺越えもポツポツ混じりながらの数釣り、ガシラは無限バイトという非常に良いタイミングで開催できることとなりました。

当日は天気も良く、参加人数7名での出船です!
01

ポイント到着後、初めは1gレベリングヘッド+シルキーシャッドを岸沿いにキャストしながら船を流してメバルやガシラを狙っていたんですが、魚探に時より映るアジの群れが気になり、そちらをスパテラ2インチを使い、バーチカルで(キャストせず、真下に落として)狙っていくと…
02
良型アジが一つ、二つと釣れ出していき、ここから一気にトップギア!(笑)

怒涛のスーパー入れ食いモード突入です!
03
04
05
06
07
08

ダブル、トリプルヒットの連続でクーラーBOXも即満タン!
09

今回、sea magicalさんから2隻、船を出してもらっていたんですが、どうやら片方の船に搭載されている集魚ライトが抜群に効いていることがわかり(もう片方の船には非搭載)最終的には2隻の船を寄り添う形にして両船とも入れ食い状態にもっていくことに成功しました。

そんな中、さらに人よりもう一つ二つアタリを増やすキモは、水面から底までキッチリ真っ直ぐワームを落とすことだった様に感じました。
なので、必然的に仕掛けが立ちやすい1.5gや1.75gのレベリングヘッドがその日は最も使いやすく、釣果も伸びました。

そして、海の魚に有効なカラーローテーションですが、この日は、ピンク、チャート、カブラ、グロー、クリア系、どのカラーにも大差なく反応がありました。
シルエットとワームの波動のみでも十分口を使うほど高活性だったようです。

そんな爆釣劇も潮止まりと共に落ち着いたところで、今回は納竿となりました。

こんな満足感たっぷりの納竿もなかなかないです(笑)

帰着後、今回同時に開催していたプチ大会の結果発表!

ルールはメバル、ガシラ、アジの各種最大魚の合計サイズで争う!予定だったんですが…

あまりに釣れすぎて何がなんだかわからなくなったので(笑)三種の魚を揃えた方の中で、ジャンケン対決で優勝者を決めることに!
10
11

優勝者には海太郎全部入りが村上さんから贈られました。おめでとうございます!
12
これにて、シーズン一回目の”釣ったろう会”はお開きとなりました。

ご参加して頂いた皆様お疲れ様でした(^^)
13
14

(一隻だけでこの釣果!)

最後に…
どれだけ爆釣だったかというと…

15
16

こんなことができるほど、爆釣でした(笑)=