水温低下の初冬、ライトリグのリアクションで誘う。 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 水温低下の初冬、ライトリグのリアクションで誘う。

水温低下の初冬、ライトリグのリアクションで誘う。

isseiフィールドテスターの中崎真吾君から
久しぶりの釣果レポートです。

01
こんにちは!中崎真吾です。

日に日にフィールドの魚っ気が減ってきて、
池や川など冬っぽいフィールドが増えてきました。
11月~12月は季節の変わり目のタイミングでです。
9~10月秋初めに比べると気温もグッと下がり、水温も低下し続け、
冬本番に向けて下がり続ける水温に慣れていない状態の魚が多く、
なかなか釣り難しい時期です。
個人的にもボウズを頂きやすい時期なのですが・・・・
こういう時期はリアクションが強いと感じる状況が増えてくるので、
リアクション要素の強いハードルアーはもちろんですが、
食わせ要素の強いライトリグや軽めのジグなども、何かに軽く引っ掛けて外す、
ウィード類に引っ掛けてショートピッチのジャークで外すなど、
食わせ要素の強い物もリアクションを意識したアクションの付け方で、
ハードルアー系の強いリアクションでは反応しなかった魚が
思わず反応してしまうことが多々あります。
冬に突入しつつある現在、ウィード類の枯れ腐り具合や残り具合など
フィールド差がありますが、ハードルアー系ではウィード類を拾い過ぎる状況や
ハードルアー系で一通り叩いた後など、
ビビビショット&ボムを個人的に使用する事が多くなります。
枯れ腐りウィード類には藻団子になりにくいショット、
02
池の取水バルブ付近などの深みのボトムや護岸やリップラップ絡みのエリアでは
ボムを使う事が多くなります。
03
どちらも極細ワイヤーガードのおかげで浮遊物を拾いにくいので重宝します。
何かに軽く引っ掛けショートジャークでシュッと外し、抜けた直後、
ラバーがブワッとフレアした瞬間、反射的にバスが吸い込んで「ゴンッ」

・・・というのを妄想しながら使うのがたまりません(笑

04
≪釣果ルアー≫
ビビビショット2グラム+ビビビバグ3.2インチ
ビビビボム3.5グラム+ビビビバグ3.2インチ
ビビビショット、バグ