レベリングヘッド1.5g、1.75gの実釣インプレッション | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > レベリングヘッド1.5g、1.75gの実釣インプレッション

レベリングヘッド1.5g、1.75gの実釣インプレッション

和歌山県の川口素直様より釣行記をいただきました。

今回スパテラ2.5インチに、レベリングヘッド1.75gの組み合わせで紀北エリアと南紀エリアを攻略してみたので、ご報告させて頂きます。

*実釣1日目*

和歌山の紀北エリアでは、メバルシーズンに、ゴロタ浜で闇夜のなかシンペンや飛ばしウキなどを利用して広範囲に狙うメバリングが定番となっています。

この釣りではそんなメバルの他にヒラセイゴ、シーバス、クロダイ、カサゴなどといった他魚種も多くバイトしてきます。

今回、海太郎のレべリングヘッドに新しく「1.5g」と「1.75g」が追加されました。レベリングヘッドの強みはなんといっても、抜群の安定性とスパテラの絶妙な動きを演出させるためのヘッド形状です。

類稀なジグヘッドが、新しく追加されたラインナップによって、距離・深さともに他のアイテムを使わずにスパテラとジグヘッド単体で投入することが可能となり、攻略できる範囲がグッと拡大することになりました。

そうなると、紀北エリアでのゴロタ浜攻略にも応用できます。

そんなわけで今回は、レベリングヘッド1.5g、1.75gにスパテラ2.5インチの組み合わせで、闇夜のゴロタ浜エリアを攻略してみることにしました。

タックルは通常の漁港周りで使用している、ロッド6フィート10インチ、PE0.2号、リーダーフロロ8ポンドの組み合わせ。

このタックルで当初心配していた飛距離は、十分に確保することができました。

また、こういったゴロタ場はシャローエリアが続くため、満潮時での釣行が基本となりますが、ジグヘッドが重すぎると根掛かりしてしまい、軽すぎると飛距離が稼げないという攻略しづらいポイントです。

今回メインとして使用した1.5gと1.75gのレベリングヘッドは、距離を稼いで根掛かりを回避しながら、根掛かりを絶妙にクリアしてくれていました。

さて、当日は一日中降り続いている雨でドチャ濁り状況。潮は中潮で満潮から下げ始めている状態でした。

条件はかなり悪条件ではありましたが、やはりスパテラは期待を裏切りませんでした(笑)

今回はかなりの悪条件でしたが、なんとかスパテラ2.5インチのパールホワイトで良型のクロダイをゲット。

*実釣2日目*

今度は南紀エリアを同じタックルで狙ってみました。

南紀の海岸線を走行した方ならご存じだと思いますが、多くの漁港と無数のポイントが存在しています。

そんな南紀エリアは陸っぱりから色んな魚を狙うことができる、非常に魅力のあるエリアでもあります。

今回、1.5gと1.75gのレべリングヘッドがリリースされたことによって、スパテラが以前に増してサーチベイトとしての機能が確立されたと思います。

広範囲に、スピーディに、色んなレンジをスパテラで探れるので、南紀エリアをランガンしやすくなりました。

また、南紀エリアは風の影響を受けることが多いので、重めのレベリングヘッドが悪条件での環境も克服してくれます。

ってな感じで南へ下り、ふと目についた見知らぬ漁港をスパテラで攻略。

ベイトフィッシュが群れており、なにかが時折捕食音をたてていました。

スパテラで表層を広範囲にサーチ。捕食音の正体は、南紀でポピュラーなカマスでした。

このように簡単に結果が出せることが多いので、紀伊半島を南下して北上しながらランガンしていくのも楽しいかも知れません。

そんな感じで、今後の紀北および南紀エリアへの攻略と楽しさが、グッと拡大できた釣行でありました。

FotorCreated2

FotorCreated3